キッチン家電のレビュー

デロンギ ディスティンタコレクション KBI1200J電気ケトルのレビュー!使ってみた感想は「実用的なイタリア老舗家電メーカー」と感じた

東京都にお住いの40歳女性から2021年2月頃に購入されたデロンギ ディスティンタコレクション KBI1200J電気ケトルを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

電気ケトルを欲しいと思ったきっかけ

長年愛用していた湯沸かし器が劣化してきたので、自宅で過ごす時間が長くなっている昨今、おしゃれなケトルが欲しいと思いました。

毎日お茶やコーヒー、カップ麺などにもお湯が欠かせない生活なため、電気湯沸器はかなり重宝できる家電アイテムです。

海外ブランドの中でもスタイリッシュで存在感のあるイタリア製家電ブランド・デロンギはキッチンのインテリアとしても大変重宝できます。

自宅用でもプレゼント用でも異なるタイプのケトルがあり、お手頃価格です。

電気ケトルの候補にあがっていたもの

一つ目は同じブランドの違った形のケトルで、外見がポップで容量も同じくらいでした。

価格帯も予算内だったので、長く使用でき、飽きない方で検討しました。

二つ目はイギリスの老舗家電ブランドのケトルで、主にお茶をメインにお湯を使うための湯沸器です。

想定の使用上、容量が若干少ないく、価格も若干割高でした。

しかし、お茶を欠かさず飲む方やプレゼントとしてはかなりお洒落で使いやすいケトルなので、自分用としては高価な家電です。

デロンギ ディスティンタコレクション KBI1200J

デロンギ アイコナ トリブート KBO1200J

ラッセルホブス T Kettle 7106JP

デロンギ ディスティンタコレクション KBI1200J電気ケトルに決めた理由

デロンギ ディスティンタコレクション KBI1200J電気ケトルの本体
キッチンをより華やかに演出し、実用的な電気ケトルを探している方には海外家電ブランドは候補に入れるべきアイテムです。

容量も多く、若干軽量でエネルギー消費量も少なくなってきているので、実際に購入して使い心地を実感すると愛着が湧いてきます。

意外と長持ちするので価格帯によって選べるラインナップも豊富です。

海外の独特の色や素材、使用など楽しみながら使用できるので、海外旅行にいけない方や海外生活をしていた方にとって海外の雰囲気を少しでも味わえる家電ブランドです。

デロンギ ディスティンタコレクション KBI1200J電気ケトルのスペック

デロンギ ディスティンタコレクション KBI1200J電気ケトルのスペック

スペック

  • 外形寸法(本体):幅215mm×奥行165mm×高さ205mm
  • 外形寸法(本体+ベース):幅215mm×奥行165mm×高さ225mm
  • 質量:0.9kg(本体)、1.1kg(本体+ベース)
  • 電源コードの長さ:1.3m
  • 電圧:AC100V
  • 周波数:50/60Hz
  • 消費電力:1200W
  • 容量:1.0L

私は新品で購入しましたが、価格は8800円でした。

デロンギ ディスティンタコレクション KBI1200J電気ケトルを実際に使ってみた

デロンギ ディスティンタコレクション KBI1200J電気ケトルをキッチンにおいた雰囲気
キッチンに置くだけで存在感のあるデザインであるため、キッチン家電インテリアとして大変重宝しています。

容量が多いことを重要視していたので、すぐにお湯が沸くことで一気に温かい飲み物と調理に使用するお湯を沸かすことができます。

どちらかというと大人向けのキッチン家電であるため、事故を未然に防ぐためにも小さい子供が届かない場所に置くと家族が安全に使用できます。

朝はお茶やコーヒーの用意するためのお湯として、その他はカップラーメンや調理で使用する食事用のお湯を沸かしています。

使ってみて気に入っているところ

お茶やコーヒーを飲む文化が定着しているイタリアが誇る家電メーカー・デロンギは長い歴史とデザイン製に優れた家電で有名です。

ヨーロッパで生活していた人にとっては生活や食習慣に欠かせないアイテムになっており、お手頃価格で気軽に購入できるので、そのライフスタイルを日本の自宅でそのまま味わいたい人にとっては、持っているだけで幸せな気分になります。

置くだけでもキッチンの雰囲気が変わる存在感のデザインがとても気に入っています。

こんな方にはおすすめしたい

  • イタリア家電ブランドが好きな方
  • デザイン製を重要視する大人
  • お湯をよく使用する方
  • お手頃な海外ブランドのケトルが欲しい方
  • 他にもこのブランドの家電を使用している方

使ってみて気に入らなかったところ

海外ブランドは電気の使用量が多い商品があり、この製品も容量が大きい分、電気の使用量は省エネではない気がします。

最大容量1リットルを素早く沸騰するため、頻繁に使用する目的であれば、省エネタイプのケトルが良いと思いました。

また、ケトル自体が1キロくらいの重さで、水を入れると子供が気軽に持てる重さでないため、小さなお子さんがいる家庭には不向きだと言えます。

デザインが素敵である以上に、家電としての役割を考慮した実用性を検討してからの購入が望ましいです。

こんな方にはおすすめしない

  • 小さいお子さんがいる方
  • 海外家電に興味のない方
  • 予算と実用性を検討していない方
  • ただの湯沸かし器が欲しい方
  • デロンギの良さを知らない方

デロンギ ディスティンタコレクション KBI1200J電気ケトル購入後の生活

毎日朝起きるのが楽しみで、朝一番にお湯をわかし、コーヒーやお茶を用意する習慣がつきました。

料理でもガス代を減らすため、多めにお湯を沸かすことにより、実用性と快適な生活習慣が身についてきました。

イタリアのデザインで老舗家電ブランドを持っている幸福感と、物を大事に丁寧に使用することを意識するようになりました。

自宅に友人やお客様を読んでも、この電気ケトルの存在感は家庭内のインテリアとしても素敵な雰囲気を楽しむことができました。







-キッチン家電のレビュー

© 2021 デジタルガジェットライフ