映画のレビュー

【ネタバレ注意】映画『ホーホケキョ となりの山田くん』のレビュー|映画を見た感想は「最後には山田家の全員が大好きになってしまいました」

神奈川県にお住いの37歳の男性(IT・通信系:ライティング)が2021年7月頃に「ツタヤディスカス」で視聴した映画『ホーホケキョ となりの山田くん』のレビューをご紹介します。

映画の感想や見どころをネタバレ含みで解説していますので、映画を視聴する前に興味がある方や、評価や口コミが気になっている方は参考にしてください。

この映画の見どころ

  • 淡い色使いの美しさ
  • 個性的な山田家
  • おばあさんの話術
created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

映画『ホーホケキョとなりの山田くん』を見ようと思ったきっかけ

漫画喫茶に行った際に、ののちゃんの漫画本を読んだのがきっかけで、この作品の存在を思い出し、久しぶりに見たいと思いました。

日本テレビが頻繁にジブリ作品を放送するのはご存知の通りですが、この作品はジブリにも関わらず、ほとんど放送されないので、仕方なくレンタルして視聴を始めました。

やはり、この作品はジブリが関わっているだけあり、作品全体に温かみが感じられ、とても視聴しやすい作品です。

お母さんの少し昭和風のキャラクター設定は非常に魅力的で、見逃せませんね。

映画『ホーホケキョ となりの山田くん』の内容

この作品はショートストーリーの羅列となっており、物語が非常にスムーズに展開します。

山田家を舞台に、日常生活のちょっとした出来事をたくさん描かれています。

山田くんが「子供は親のことを選べない」というアイデンティティについて述べたり、のの子が迷子になり山田家があちこちを探したり、お父さんが家族写真を撮りたくて、でも誰も相手にしてくれず一人で撮ったり、おばあちゃんが「家の土地は自分のものだ」と主張したりと、さまざまな日常風景を描いている映画です。

作品情報

  • ジャンル:コメディ ファミリー
  • 製作国:日本
  • 製作年:1999
  • 公開年月日:1999年7月17日
  • 上映時間:104分
  • 製作会社:徳間書店=スタジオジブリ=日本テレビ放送網=博報堂=ディズニー(制作:スタジオジブリ/特別協賛:山田さん)
  • 配給:松竹=スタジオジブリ(徳間書店)
created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

映画『ホーホケキョ となりの山田くん』の見どころをネタバレ覚悟で解説

映画『ホーホケキョ となりの山田くん』の見どころは大きく3つあります。

それらをネタバレ覚悟で解説いたします。

この映画の見どころ

  • 淡い色使いの美しさ
  • 個性的な山田家
  • おばあちゃんの話術

淡い色使いの美しさ

本作品はジブリ作品の映画で、作画の美しさが特徴的です。

淡い色使いで描かれたキャラクターたちと画面全体に独特な温かみがあります。

そのため、観ているととてもほっこりとした気持ちになります。

また、色調や絵のタッチが山田くんの日常風景と絶妙にマッチしており、そのため視聴者は穏やかな感触を感じることができます。

個性的な山田家

本作品に登場する山田家の面々は、非常に個性的で魅力的なキャラクターたちです。

母は直球で物事に向き合い、父は家族想いながらもなかなか理解されず、山田くん自身は普通の青年として描かれています。

また、好奇心旺盛な妹ののの子や、語り手として魅力的なおばあちゃんなど、各キャラクターの個性が物語を一層引き立てます。

おばあちゃんの話術

本作品のエピソードでは、おばあちゃんが若者たちに向けて鋭い話術を繰り広げる場面があります。

公園で注意する父を見かねたおばあちゃんが、それら若者たちを褒めつつも、自然と場を制する様子は非常に見応えがあります。

そのおばあちゃんの冷静な態度に注目してみてください。

映画『ホーホケキョ となりの山田くん』の鑑賞後の感想

ジブリ作品の中で、この作品は個人的にかなり上位に位置していると感じています。

久しぶりに視聴してみると、やはりその面白さに改めて気づかされます。

特に、その絵柄の優しさは大変好きで、これほどのタッチを持つアニメは稀で、非常に貴重です。

日常を過ごす山田家の一同がどのように生活しているのかがほんわかと描かれており、それが楽しいです。

各エピソードが短いため、視聴後は非常に充実した気持ちになれます。

最後には、山田家の全員が大好きになってしまいました。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

映画『ホーホケキョ となりの山田くん』で印象に残った名言

映画『ホーホケキョ となりの山田くん』から特に印象に残った名言を紹介します。

「おばあちゃん」のセリフ

「正義の味方を演じてくれませんか」

映画『ホーホケキョ となりの山田くん』の評価や口コミ

他の方が映画『ホーホケキョ となりの山田くん』を見てどう思われているのか、評価や口コミを調べてみました。

みなさんの映画を見た感想が面白いですね!

終わりに

映画『ホーホケキョ となりの山田くん』についての私の感想や見どころをネタバレ覚悟で解説してきました。

「面白い」と感じた方は、ぜひご覧ください。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社







動画配信サービスでもっと動画を楽しもう!

Netflix(ネットフリックス)

『Netflix』はハイクオリティのオリジナル作品が魅力のVODサービスです。

  • 質の高いオリジナルコンテンツが充実
  • 洋画・海外ドラマが豊富
  • レコメンド機能で観たい作品を探してくれる
  • オフライン再生ができる
  • ニーズに合わせた3つの料金プラン
月額料金(税込)ベーシック:990円
スタンダード:1,490円
プレミアム:1,980円
無料トライアルなし
配信数非公開
配信ジャンル洋画
邦画
国内ドラマ
海外ドラマ
アニメ
バラエティ
オリジナルコンテンツ
オフライン再生

Amazon Prime Video(アマゾン・プライム・ビデオ)

『Amazon Prime Video』は、コスパの良さが魅力のVODサービスです。

  • 月額500円のコスパの高さ
  • 初回登録時は30日間の無料トライアルあり
  • 話題性の高いオリジナルコンテンツ
  • 追加定額でPrime Videoチャンネルに加入できる
  • Amazonプライム会員特典が便利
月額料金(税込)月間プラン:550円
年間プラン:4,900円
無料トライアル30日間
配信数非公開
配信ジャンル洋画
邦画
国内ドラマ
海外ドラマ
アニメ
バラエティ
オリジナルコンテンツ
オフライン再生

U-NEXT(ユーネクスト)

『U-NEXT』は、配信作品数No.1のVODサービスです。

  • 見放題作品数が脅威の22万本以上
  • 初回登録時は31日間無料トライアルあり
  • 毎月1,200円分ポイント還元※月額プランのみ
  • 漫画や雑誌も読める
  • 4K画質で作品を楽しめる
月額料金(税込)月額プラン:2,189円
月額プラン1490:1,639円
無料トライアル31日間
配信数220,000万本以上
配信ジャンル洋画
邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
音楽
ドキュメンタリー
キッズ
オフライン再生

DAZN(ダゾーン)

『DAZN』は、1万試合以上のスポーツが見放題な特化型VODサービスです。

  • 130以上のスポーツコンテンツが見放題
  • 日本国内での独占配信が多数
  • 見逃し配信で視聴できる
  • 初回登録時は1ヶ月間の無料トライアルあり
  • オリジナルコンテンツが充実
月額料金(税込)通常プラン:1,925円
年間プラン:19,250円
無料トライアル1ヶ月間
配信数非公開
配信ジャンルスポーツ
スポーツドキュメンタリー
スポーツバラエティ
オフライン再生

Hulu(フールー)

『Hulu』は、映画・ドラマ・バラエティなど、ラインナップのバランスが良いVODサービスです。

  • 独占配信の海外ドラマが多数
  • 日本テレビ系のドラマ・バラエティが観れる
  • 初回登録後2週間の無料トライアルあり
  • リアルタイム視聴・見逃し視聴ができる
  • オフライン再生で通信制限を気にせず視聴
月額料金(税込)1,026円
無料トライアル14日間
配信数70,000本以上
配信ジャンル洋画
邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
音楽
スポーツ
オリジナルコンテンツ
オフライン再生

-映画のレビュー