キーボードのレビュー

ELECOM TK-FBP102Bluetoothミニキーボードのレビュー!使ってみた感想は「使い勝手が良くて見た目もかっこよい」と感じた

滋賀県にお住いの42歳男性から2021年2月頃に購入されたELECOM TK-FBP102Bluetoothミニキーボードを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

Bluetoothミニキーボードを欲しいと思ったきっかけ

音楽制作の入力用と歌詞の入力用にワイヤレスが欲しいと思い探したところ、手頃な3000円までのお値段で、男性的にかっこいいものが見つかりました。

シンセサイザーやオルガンピアノの上に置いても困らない薄型軽量で、小さくて重宝しそうでした。

また、電池の消費電力も考えて長持ちタイプのものが出てきて、頻繁に電池をかえなくてよくなったのもきっかけです。

見た目もパソコンパソコンしてなくて、ちょっとお洒落な小物になっているのもポイントでした。

Bluetoothミニキーボードの候補にあがっていたもの

ワイヤレスかどうか、電池駆動でバッテリーの持ちはいいかどうかがポイントでした。

有線であるなら無骨なカッコいいデザインかフルサイズキーボードのほうが入力しやすいかなと悩みました。

色は真っ黒で落ち着いたものは苦手で、少しは色気が欲しかった部分もあり白なども悩みましたが、最終的にはブラックネイビーを使っています。

買ってからキー入力のキーの深さがが浅すぎてかちゃかちゃなってしまうのがわかったので、もっと触って悩むべきでした。

ELECOM TK-FBP102

ELECOM TK-FDP099TBK

ELECOM TK-FDM063BK

ELECOM TK-FBP102Bluetoothミニキーボードに決めた理由

ELECOM TK-FBP102Bluetoothミニキーボードの外観

見た目がかっこよくワイヤレスで使い勝手が良さそうで、バッテリーの持ちもよく、充電池で末永く使えそうだったからです。

また、無造作にカバンに放り込んで持っていても大丈夫そうだったからです。

それと、値段がお手頃だったからです。

ワイヤレスがもっと高いと有線にしてましたし、ケーブルが切れるのも怖かったので有線との値段の織り合わせもありました。

ELECOM TK-FBP102Bluetoothミニキーボードのスペック

ELECOM TK-FBP102Bluetoothミニキーボードのスペック

スペック

  • サイズ(H×W×D)mm:約20.4×286.5×121.5mm
  • 本体重量:264g ※電池を含まず
  • キー数:79
  • 対応機種:Bluetooth(R)HIDプロファイルに対応したPC、タブレット、スマートフォン
  • 対応OS:Windows 11、10、 8.1、Android 9.0、macOS Catalina(10.15)、iOS13.4、iPad OS13.4
  • 接続方法:ワイヤレス
  • インターフェース:Bluetooth
  • キー配列:日本語配列
  • キータイプ:パンタグラフ
  • テンキー:無
  • キーストローク:2.0mm
  • キーピッチ(mm):19.0mm
  • 公式サイト:https://www.elecom.co.jp/products/TK-FBP102BU.html

私は新品で購入しましたので、価格は約3000円程度でした。

ELECOM TK-FBP102Bluetoothミニキーボードを実際に使ってみた

ELECOM TK-FBP102Bluetoothミニキーボードの横顔

最初ちょっと慣れなく使わずにほっておいたときがあったのですが、今ではスマホなどにも使っていて、Bluetoothが利用できる場合は非常に快適です。

肩こりができず、空き時間ができ散歩ができそうです。

ちょっとした散歩にもスマホとキーボードを持参できる大きさと軽さなので、公園に行って作業ができそうです。

今も入力に使っていますし、実際まだしていませんが、スマホと背中合わせに一緒に持ち歩くことができそうです。

使ってみて気に入っているところ

持ち運びのしやすさです。

ちょっとしたことで動かすのでそれはすごい重宝しております。

有線で一度断線したことがあるので、それに怯えることなく手荒に扱えて、精密機械ですがけっこうポンポン置いてます。

薄手で機械感がないので雑貨感覚で使えるのもいいところで、精密機械感があると慎重になり置きっぱなしになりやすいのですが、これですと公園に素手で持って歩いていけそうです。

こんな方にはおすすめしたい

  • 無造作に持ち歩いて行きたい人
  • カバンにとにかく突っ込んで整理の苦手な方
  • 音楽制作のキーボードの上に置く人、結構おられます
  • 軽量でバッテリー長持ちなので、使いっぱの方
  • 雑な扱いを精密機械にする人

使ってみて気に入らなかったところ

キーの深さが浅すぎて打ちづらいところも少しあり、音もマックのキーボードに比べてかちゃかちゃなってしまうことです。

私は気にしないのですが、音が気になる方は非常に気になると思います。

耐久性も、使用して半年ほどで文字盤が消えそうな感じもあり、ゆくゆくは文字盤が少しずつなくなる気がします。

また、少し贅沢ではありますが、入力とともに少し音がしたり光ったりスポット照明的に数カ所光るなど、ちょっとライトやイルミネーションなどの色っぽさや艶っぽさも欲しかったところもあります。

ある意味で、ガンダムのザクやグフをイメージするような無骨さがあり、ポップな感じはありません。

こんな方にはおすすめしない

  • 几帳面で整理整頓が得意な方
  • 無骨なポップさのないものが嫌いな人
  • ちょっとしたギミックを求める方 色。光。音など。
  • 逆に手荒で乱暴に機械を扱う方。頑丈ではなさそうです。
  • ネイルやマニキュアにこだわる方。ストロークしづらいです。

ELECOM TK-FBP102Bluetoothミニキーボード購入後の生活

まず、スマホの入力がかわりました。

また、パソコン2台でキーボード1台という使い方ができるようになり、今まで使っていた有線のキーボードの使用頻度は減ってきています。

公園や外で仕事をしようという気になり、意識が外になるだけでも非常に変わりました。

壊れるぐらい持ち歩くという方もいて発想が転換されたので、今後公園に持ち歩き、外でスマホと一緒に使用することを画策してます。







-キーボードのレビュー