キーボードのレビュー

Ewin 小型ワイヤレス(bluetooth)キーボードのレビュー!使ってみた感想は「スマホやタブレットで使いたい人向けで小型なのが良い」と感じた

2020年5月14日

長崎県にお住いの32歳女性から2020年3月頃に購入されたEwin 小型ワイヤレス(bluetooth)キーボードを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

キーボードを欲しいと思ったきっかけ

普段iPadイラストツール(clip studio)を使って作業することが多くいままでは画面上をタッチして文字入れ作業をしていたのですが、あまりにも効率が悪く手首も疲れてしまい作業を中断することが度々ありました。

iPad購入前はノートパソコンを使用しておりキーボードの方が作業慣れしていたので作業効率を考えて購入しようと思いました。

昨年iPadとApple Pencilを自費で購入し予算を抑えたかったのでキーボードは要らないかと思っていましたが、調べてみると案外安く購入できそうで正規品以外を購入検討しました。

キーボードの候補にあがっていたもの

iPadと一緒に持ち歩きたくて専用ケースに入れられるコンパクトなサイズ且つテンキーが付いているタイプが欲しかったので、折りたたみのテンキー付きキーボードを探していました。

ネットで検索した限りではBluetoothタイプの折りたたみテンキー付きキーボードは1点しか取り扱いがなく、お値段も1万円近くしたのでこれならiPad正規品を買ってもそう変わらないのではないかと悩んでしまいました。

予算は大体2000円ぐらいで考えており、良さそうなものは3000円OVERでネット通販ならではの違い比較ができず困りました。

Ewin 小型ワイヤレス(bluetooth)キーボード

iCleverキーボード Bluetooth折りたたみ式

スリーイーホールディングス Bluetooth折りたたみ式

Ewin 小型ワイヤレス(bluetooth)キーボードに決めた理由

Ewin 小型ワイヤレス(bluetooth)キーボードのケースとサイズを比較
折りたたみタイプにこだわっていたのでレビューを探し回ったり格安で買えないかとフリマサイトで中古を探したり一週間後ほど即決できずにいたのですが、このままでは作業効率が上げられないままだと思い通常タイプのテンキー無しに条件を切り替えて探してみました。

するとちょうどAmazonのタイムセールで500円OFFの商品を見つけ、レビューを見た感じも悪くはなかったので比較用に試しに買ってみようと購入に踏み切りました。

はずれを買っても1000円台を切っているのでまあいいかと思える範囲内でした。

Ewin 小型ワイヤレス(bluetooth)キーボードのスペック

Ewin 小型ワイヤレス(bluetooth)キーボードのスペック

スペック

  • キー数/配列:80
  • マルチファンクションキー:12種類
  • 通信距離:<10m
  • 対応電池:単四型*2(付属しない)
  • Bluetooth:5.1
  • ペアリング:3台まで
  • JIS基準日本語配列
  • 連続使用時間:100時間以上
  • サイズ:295x120x20mm
  • 重量:290g

定価は2080円ですが、私はタイムセール、ギフトポイント700円使用したので、価格は813円で購入することができました。

Ewin 小型ワイヤレス(bluetooth)キーボードを実際に使ってみた

Ewin 小型ワイヤレス(bluetooth)キーボード本体
個人的な趣味で描いているイラストの文字入れ作業用とクラウドサイトからの依頼ライティングに使っています。

イラストはiPad pro11インチを使っており、文字入れをするたびに画面下からキーボード画面が出てくるので打つのに時間がかかることと画面上が窮屈になるのでやりづらさを感じていたのが解消されました。

依頼ライティングも以前はスマホで入力していて1000文字単位になると手首と首が痛くなり長時間作業が辛かったです。

現在はiPadとキーボードを机の上に置いて作業しています。

使ってみて気に入っているところ

サイズがコンパクトで重さも軽量、机の引き出しに入る薄さで、平では無く手前に向かって斜めに下がっているので手を浮かせず使えて負担が軽減されます。

購入時点でそこは気にしていなかったので手許に届いてから「あ、これはいいな」と買って良かったと思えるポイントになりました。

ボードによってかな切り替えがしづらいものがあるらしいと事前に情報を集めている時点で気になっていたのですが、まったく問題無く簡単に切り替えができます。

手軽に持ち運べるしコードレスなので場所を選ばず使えてとても便利です。自分が欲しかったものとぴったりで気に入りました。

こんな方にはおすすめしたい

  • スマホで長文文字打ちがしたい人
  • iPad用にキーボードが欲しい人
  • 日本語配列が使いやすい人
  • 充電が面倒だと思う人(乾電池式でオンオフ切り替えボタンあり)
  • コンパクトサイズを求める人

使ってみて気に入らなかったところ

少しキーを打つときに重さを感じることと、エンターキーが遠いことです。

エンターキーに関しては日本語配列でキー位置は変わらないはずなのにおかしいなと思い、いままで使っていたノートパソコンと重ねてみたところ一つ一つのキーの隙間が若干大きくトータルで幅が長くなっていることが原因でした。

使い慣れれば気にならなくなるかなと思いますが長年の癖が染み付いているのでいまのところ何度か打ち間違いをしてしまっています。

あとはiPadに合わせて購入したので黒では無くシルバーやホワイトなど明るい色のものが欲しかったです。

こんな方にはおすすめしない

  • 指が大きい人
  • キーの重さが気にならない人
  • USB充電を好む人
  • パソコンキーボードに慣れている人
  • カラーバリエーションが欲しい人

Ewin 小型ワイヤレス(bluetooth)キーボード購入後の生活

購入して、今現在の文字入れも購入したキーボードを使っています。

長文が簡単に打てるようになりました。ワープロ検定の資格を持っていてブラインドタッチができるのでだいぶ速いスピードで文字入力していますがちゃんと入力がついてきますし満足で、買い損にならずよかったなと思います。

文字打ちの作業効率が上がり、長文打ちが億劫にならなくなりました。

行儀が悪いですがいままでは椅子に座らず楽な体勢で画面入力していたので、きちんとした姿勢で作業に向かえるようになり気持ちの面でも変わったと思います。







-キーボードのレビュー

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2020 All Rights Reserved.