キーボードのレビュー

ロジクール Washable Keyboard K310キーボードのレビュー!使ってみた感想は「斬新な配色でウォッシャブルな新感覚キーボード」と感じた

秋田県にお住いの31歳女性から2017年に購入されたロジクール Washable Keyboard K310キーボードを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

キーボードを欲しいと思ったきっかけ

ネットカフェを利用した際にこのキーボードが部屋に備え付けられており、使用したのがきっかけです。

まず見た目に魅かれ、これまで見たこともないような唯一無二でおしゃれな配色とキーの配置と形がかっこよく、惚れ込みました。

そして、メンブレンタイプ特有のキーストロークの長さも気に入り、その場ですぐさまAmazonで商品ページを見つけて商品の特徴を更に一つずつ見ていくうちに他のいい点も分かり購入に至りました。

キーボードの候補にあがっていたもの

当初はキーストロークが長く、無線タイプで省スペース型のキーボードを探していましたが、無線タイプの場合電池を内蔵しなければならなくその分重くなる点に悩んでいました。

省スペース型を採用した場合も、テンキー部分がなくなる点が気になっていました。

普段からテンキーも使うのでテンキーがあるかどうかは重要だったため、め無線で省スペースでなくても、キーストロークが長いメンブレンタイプの商品を優先的に探す方向に切り替えました。

ロジクール Washable Keyboard K310

ロジクール K360r

created by Rinker
Logicool(ロジクール)

サンワサプライ SKB-L1UBK

ロジクール Washable Keyboard K310キーボードに決めた理由

ロジクール Washable Keyboard K310キーボードのキースイッチ
Amazonで商品ページを見て、キーボード全体を丸洗いできるということが分かり即決しました。

この商品はキーとキーが独立していて隙間が広い設計のため、ブラシを使って隙間の掃除が簡単にできますので、付属の小さな掃除用ブラシがついている点も気に入りました。

皆さんも経験があると思うのですが、キーボードをよく見ると隙間にホコリや髪の毛、食べかすが落ちていたりしませんか?(よくあるキーボードの場合ゴミの掃除に苦労しているのではないでしょうか。)

掃除機で吸い上げたりしても隅々まで綺麗にすることはなかなか難しいと思います。

この商品なら、キーの配置やブラシのおかげで常に清潔な状態を保つことができると思い購入に至りました。

ロジクール Washable Keyboard K310キーボードのスペック

ロジクール Washable Keyboard K310キーボードのスペック

スペック

  • 本体サイズ キーボード(幅×奥行×高さ):430×140×19mm
  • 本体重量キーボード:490g
  • ケーブル長:1800mm
  • キーレイアウト:107キー日本語レイアウト
  • テンキー:あり
  • キー構造/デザイン:メンブレン
  • キーピッチ:19mm
  • キーストローク:2.4mm
  • 押下圧(g):50±12.5
  • 角度調節機能:有(8°)
  • 接続I/F:USB
  • 有線/無線:有線

私は新品で購入しましたので、価格は2,606円でした。

ロジクール Washable Keyboard K310キーボードを実際に使ってみた

ロジクール Washable Keyboard K310キーボードの裏側
ネットカフェで最初に使った際も感じたことですが、キーストロークが長いため確実にキーを押したことが指に伝わるのでストレスを感じません。

これは実際に商品を購入して長時間使用した時も不便さを感じませんでした。

普段はシステムエンジニアとして働いていますので、キーボードが商売道具なので長時間使用してストレスと感じる商品かどうかは触ってすぐに分かります。

メンブレンタイプのキーボードが好みな私にとっては最適なキーストロークでした。

使ってみて気に入っているところ

まず、キーボードを丸洗いできる点が特に気に入っています。

職業柄長時間キーボードを使って作業するため、何か食べながらキーボードを使うことも少なくありませんので、キーボードが汚れてもすぐに綺麗にできる点には感動しました。

付属の小さなブラシも掃除をする際に役立っています。

また、キーボードの配色もおしゃれで、キー側面は黒、キー自体は白のためバイカラーでかっこいいですし、白いキーを採用している商品は市場でも少ないので目立ちます。

加えて側面中部から背面部にかけては鮮やかな青色となっていて、普段は目立ちませんが横から見た時に青色が映えます。

こんな方にはおすすめしたい

  • キーボードを清潔に保ちたい方におすすめです。
  • キーストロークが長いのでメンブレン派の方に向いています。
  • 有線のため電池が不要です。
  • テンキーが付いているので数字を素早く入力できます。
  • 周りとは違ったデザインの商品をお探しの方に向いています。

使ってみて気に入らなかったところ

長期出張が多いため、以前は持ち運びに不便な点が気に入りませんでした。

出張先でも常に最適なパフォーマンスで仕事をしたく、いつも愛用しているキーボードやマウスは持ち歩きたい主義ですが、テンキーが付いている分幅をとり、かさばります。

ただ、有線接続のため、電池を用意する必要がないので重さはさほど感じませんので、有線キーボードの中でも比較的軽い方だと思います。

パソコン自体を薄型に変えたためバッグの空きが増えましたので、最近はかさばる点が気にならなくなりました。

こんな方にはおすすめしない

  • USB接続タイプのため無線タイプを探している場合不向きです。
  • テンキーが付いている分省スペースではありません。
  • 静音タイプのキーをお探しの場合おすすめできません。
  • キー部が白いため無難なタイプをお探しの方へは不向きです。
  • 幅が40㎝以上あるため携帯には向いていません。

ロジクール Washable Keyboard K310キーボード購入後の生活

キーボードを常に清潔な状態に保つことができる点は、潔癖気味な私にとってはとても良いアイデアでした。

USB接続部分に付属の専用キャップをつけるとキーボードを丸洗いすることが可能ですし、付属の小さなブラシが付いているのでキーとキーの間の隙間を掃除する際に便利です。

また、この小さなブラシはキーボード背面に備え付けることができるため紛失する心配もありません。

私はブラシでの掃除は気になったら都度行い、キーボードの丸洗いは月に1回程度行っています。

そのためか、3年間ほぼ毎日使用していますが白いキー部分が変色することもなく綺麗な状態を保てています。







-キーボードのレビュー

© 2021 デジタルガジェットライフ