デジタルカメラのレビュー

SONY VLOGCAM ZV-E10デジタルカメラのレビュー!使ってみた感想は「手軽に!気軽に!はじめての一眼レフ!」と感じた

神奈川県にお住いの40歳女性から2021年9月頃に購入されたSONY VLOGCAM ZV-E10デジタルカメラを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

デジタルカメラを欲しいと思ったきっかけ

ムービーが撮れるデジカメが欲しいと思って探していた時に、SONYで新製品が出るという噂を聞き、情報解禁された瞬間に白いボディに惚れました。

また、もともとSONYのガジェットが好きなので、コンデジや一眼を買うならレンズも合わせてSONY製品にしたいと思っていたからです。

YouTuberたちがこぞって取り上げたので人気が出ましたが、新発売の時点で予約をしていて良かったと思いました。

デジタルカメラの候補にあがっていたもの

ムービーの撮りやすさ、ぶれにくさ、本体の扱いやすさ、軽さ、金額、見た目、流行り感などで迷っていました。

本格的に一眼レフが欲しいならαシリーズですが、そこまでレンズを揃えて極められないと思ったので、α6400はやめました。

オズモポケット2は、実際に購入してみて使いやすさや手軽さ、コンパクトさはとても良かったのですが、熱落ちしやすいのと見た目の可愛くなさに使用継続できませんでした。

手元で操作するのは可愛いものがモチベーションが上がります。

SONY VLOGCAM ZV-E10

SONY α6400 ILCE-6400

DJI osmo pocket2

SONY VLOGCAM ZV-E10デジタルカメラに決めた理由

SONY VLOGCAM ZV-E10デジタルカメラの外観

まずはメーカーが好きだからです。

SONY製品をいろいろと使っていますが、ZV-E10のデザインのかわいさや直感での使いやすさ、コンデジにはあまり見ないホワイトの本体カラーというのが、購入の決め手になりました。

また、前の機種であるZV-1が欲しかったけれど購入機会を逃していたので、新機種であるZV-E10の発表は渡りに船だったからです。

最終的に、レンズを交換することで望遠に対応することが何よりの決め手となりました。

SONY VLOGCAM ZV-E10デジタルカメラのスペック

SONY VLOGCAM ZV-E10デジタルカメラのスペック

スペック

  • 本体サイズ(H×W×D) mm:64.2×約115.2×44.8
  • 本体重量:約343g
  • 撮像画面サイズ:APS-Cサイズ (23.5 x 15.6 mm)、Exmor CMOSセンサー
  • 総画素数:約2500万画素
  • 有効画素数:約2420万画素
  • ISO感度:静止画撮影時: ISO100-32000 (拡張: 下限ISO50、上限ISO51200)、AUTO (ISO100-6400、上限/下限設定可能)、動画撮影時: ISO100-32000相当、AUTO (ISO100-6400相当、上限/下限設定可能)
  • 液晶モニターサイズ:7.5 cm (3.0型) TFT駆動
  • 可動式液晶:バリアングル液晶
  • タッチパネル:対応
  • 連続撮影速度:JPEG Lサイズ エクストラファイン99枚
  • 瞳AF:[静止画] 人物 (左右瞳選択可) / 動物、[動画] 人物 (左右瞳選択可)
  • 動画ファイル形式:XAVC S
  • 動画音声記録方式:XAVC S: LPCM 2ch
  • 動画映像圧縮方式:XAVC S: MPEG-4 AVC/H.264
  • 対応レンズマウント:ソニーE
  • 電源:リチャージャブルバッテリーパック NP-FW50
  • USB充電・給電:USB充電+給電
  • Wi-Fi機能:対応
  • NFC対応(ミラーレス/デジタル一眼カメラ):非対応
  • 公式サイト:https://www.sony.jp/ichigan/products/ZV-E10/

私は新品で購入しましたので、価格は89,000円でした。

SONY VLOGCAM ZV-E10デジタルカメラを実際に使ってみた

SONY VLOGCAM ZV-E10デジタルカメラの使用感

ペットのネコの動画を固定アングルで撮影することや、写真撮影に使用しています。

また、動物園で少し距離のある動物たちを写真、動画ともに撮影する際にも活躍しました。

お出かけしにくい状況なので家の中での撮影がメインとなっていますが、逆に室内の光が足りない環境でも動画で明るく表示できるので、iPhoneや他の製品で撮影するよりも見やすいデータになります。

今後も、レンズを交換して動物園で動物のアップを撮影したりする予定です。

使ってみて気に入っているところ

やはりデザインがかわいいところです。

使っていない時でも、部屋に置いてあって邪魔にならないインテリアのようになります。

レンズ交換対応なので本来は湿度とか気にしないといけないのでしょうが、気軽に撮影できるのがこのカメラのメリットだと思うので、使っていないレンズだけしっかりと除湿保管して、カメラ本体と付オプション付属のレンズは付けっぱなしにしてます。

カメラ本体がそこまで高額ではないからこその、気軽さと扱いやすさだと思います。

こんな方にはおすすめしたい

  • なにより見た目重視!の人
  • SONY製品が好き!な人
  • 一眼レフのカメラを使ってみたい一眼初心者
  • 自撮り命!な人
  • 気軽に扱えるコンデジが欲しい人

使ってみて気に入らなかったところ

望遠系のレンズを付けるととにかくバランスが悪くなるところが、使っていて気に入らない部分です。

手持ちではもちろんブレるのですが、コンデジっぽくストラップ対応でもそこは使いにくく、別売りのリモコン機能Bluetooth付き三脚でも高さが出せないので、本当に手元やYouTuberの人向けをメインとしたカメラなんだなと思います。

それと、ストラップの付ける位置がいまいちです。

デザイン的にそこしかないんでしょうが、少し使いにくいです。

こんな方にはおすすめしない

  • バリアングルが苦手な人
  • バズーカのような望遠レンズを使う人
  • 写真撮影でカメラの設定をいじりたくない人
  • 可愛いボディより本格的なボディが欲しい人
  • 見た目オモチャっぽいのが苦手な人

SONY VLOGCAM ZV-E10デジタルカメラ購入後の生活

普段はiPhoneで撮影していた動画や写真を、ZV-E10で撮影することによって、自分では思いつかなかったアングルから撮れたりすることが面白いです。

それによっていつもは見えないネコの変わった表情や行動を見ることができます。

また、iPhoneで撮影した画像はとても綺麗に見えますが、それは綺麗に見えるようにする能力が高いだけで、ズームしたり撮影後に拡大したりすると耐えられない画質になってしまうので、向き不向きでカメラを使い分けるようになりました。







-デジタルカメラのレビュー