ヘッドホンのレビュー

『オーディオテクニカ ATH-M20xBT ワイヤレスヘッドホン』のレビュー!使ってみた感想は「コスパ最高の高音質ヘッドフォン」と感じた

愛知県にお住いの41歳男性(メーカー系(電気・電子・機械系):ソフトウェアエンジニア)が2023年7月頃に購入された『オーディオテクニカ ATH-M20xBT ワイヤレスヘッドホン』を実際に使ってみたレビューをご紹介します。

購入したガジェットを実際に使ってみて良かったところやイマイチなところをまとめておりますので、ガジェットを購入する前に評価や口コミが気になっている方は参考にしてください。

気に入っているところ

  • 音質が良い
  • デザインが秀逸
  • 無線も有線も両方使える

『オーディオテクニカ ATH-M20xBT ワイヤレスヘッドホン』を欲しいと思ったきっかけ

オーディオテクニカ ATH-M20xBT ワイヤレスヘッドホンの外観

これまでもオーディオテクニカのヘッドフォンを利用してきましたが、サイズが少し小さめで音質もあまり良くはなかったため、少し大きめで音質がよい新しいものが欲しいと思っていました。

使用していたヘッドフォンが壊れたわけではないので、買い替えのタイミングがなかなか見つからなかったのですが、買い替えのターゲットとしていた商品が、Amazonのプライムデーでかなり格安になっていたので、ちょうどよいタイミングだと思い購入しました。

『オーディオテクニカ ATH-M20xBT ワイヤレスヘッドホン』の特徴

オーディオテクニカ ATH-M20xBT ワイヤレスヘッドホンのスペック

耳たぶがすっぽりと収まるくらいの大きさのヘッドフォンで、ミュージシャンがレコーディングで使用していそうなサイズ感です。

bluetoothによるワイヤレスヘッドフォンですが、充電が切れた場合などに有線接続もできるのが特徴です。

マルチペアリング対応なので、パソコンとスマホなど複数のデバイスに同時に無線接続して、自動的に音源デバイスを切り替えながら使用することができます。

音質は重低音がしっかりとしていて非常に良いです。

『オーディオテクニカ ATH-M20xBT ワイヤレスヘッドホン』のスペック

スペック

  • 重量:216g
  • 通信方式:Bluetooth標準規格Ver.5.0準拠
  • 対応コーデック:AAC,SBC
  • 型式:密閉ダイナミック型
  • ドライバー:Φ40mm
  • 出力音圧レベル:100dB/mW
  • 連続通信(音楽再生時):最大約60時間
  • イヤホン充電時間:約4時間
  • 公式サイト:https://www.audio-technica.co.jp/product/ATH-M20xBT

私は新品で購入しましたので、価格は7,200円でした。

『オーディオテクニカ ATH-M20xBT ワイヤレスヘッドホン』を実際に使ってみて良かったところ

私が『オーディオテクニカ ATH-M20xBT ワイヤレスヘッドホン』を実際に使ってみて良かったところは大きく3つあります。

良かったところ

  • 音質が良い
  • デザインが秀逸
  • 無線も有線も両方使える

音質が良い

「ワイヤレスでスタジオサウンドを持ち運び可能」というキャッチフレーズが採用されているほど音質が良いと思います。

オーバーイヤーモデルで遮音性が高いため、外界のノイズやヘッドフォン自体からの音漏れを気にせず音楽などを楽しむことができます。

どんなジャンルの音楽でも合うしっかりとした表現力があります。

φ40mmCCAWボイスコイルドライバーを搭載しているようで、バランスが良く、解像度の高いモニタリングができます。

デザインが秀逸

黒と白の二種類のカラーバリエーションがありますが、白は清潔感、黒は高級感があります。

遮音性を高める楕円形状のイヤーカップを採用しており、遮音性と耐久性を兼ねたデザインになっています。

耳を覆うオーバーイヤースタイルを採用しているので、ノイズなどの大音量の環境下でも高い遮音性を発揮しており、周囲を気にせず使えます。

オーバーイヤーヘッドホンとしても最軽量クラスの約216gで長時間でも疲れることなく快適に使用できます。

無線も有線も両方使える

bluetoothによる無線接続と、ステレオミニプラグによる有線接続の両方が利用できます。

一般的には無線か有線かの二択が多いヘッドフォンデバイスですが、両方使える機種は中々珍しいと思います。

カタログスペックによると、無線接続時は内臓バッテリーによる60時間の長時間再生が可能であり、バッテリー消費後も有線接続に切り替えて使うことができます。

無線の音質を気にする人も有線接続を恒久的に利用していくという選択ができます。

『オーディオテクニカ ATH-M20xBT ワイヤレスヘッドホン』を実際に使ってみてイマイチなところ

私が『オーディオテクニカ ATH-M20xBT ワイヤレスヘッドホン』を実際に使ってみてイマイチなところは1つあります。

イマイチなところ

  • 頭部フレームの一部にプラスチックが利用されている

頭部フレームの一部にプラスチックが利用されている

イヤーカップと上部フレームの中間部分の一部に数センチ幅のプラスチック材質の露出があります。

ヘッドフォンの装着姿勢によって、このプラスチック部分が頭部に接触するため、頭部形状による個人差があるとは思いますが、長時間の装着でプラスチックの接触部が痛くなる場合があります。

フレームのほとんどがスポンジ素材による緩衝を行っているので、この部分だけ固い素材になっているのが非常に残念です。

プラスチック部が他のフレーム部よりも細くなっていればよかったと思います。

『オーディオテクニカ ATH-M20xBT ワイヤレスヘッドホン』を実際に使ってみた感想

デザインに高級感があるので、人目に付く場所で利用しても全く恥ずかしくないヘッドフォンです。

しっかりとした重低音と綺麗な高音域で、どんなジャンルの音楽を聴いても満足しています。

軽量のため、youtubeの聞き流しなど長時間装着でも疲れないです。

ただし、装着姿勢によっては、フレームのプラスチック部が頭部に接触するため、痛くなってしまう場合がるのが非常に残念な点です。

ここさえ改善されれば、おそらく他に追随を許さないコスパ最強のヘッドフォンだと思います。

『オーディオテクニカ ATH-M20xBT ワイヤレスヘッドホン』の評価や口コミ

他の方が『オーディオテクニカ ATH-M20xBT ワイヤレスヘッドホン』を購入してどのように思われているのか、評価や口コミを調べてみました。

おわりに

これまで使っていたヘッドフォンよりもバッテリーの持ちがよいため、充電の頻度が減りストレスフリーで使えています。

音質がよいため、これまでよりも音楽を聴く時間が長くなった気がします。

デザインが秀逸で高級感がるため、使っていないときでも部屋に置いてあるだけでインテリアの一部になっており、これまで持ったヘッドフォンの中でも最高クラスで満足度が高いです。

オバーイヤー型なので耳にも優しいため、気兼ねなく使えています。







『Amazonギフト券』を利用すればもっとお得にお買い物ができる!

Amazonギフト券(チャージタイプ)

Amazonギフト券にチャージしてから商品を購入するとAmazonポイントがお得に貯まります。

現金でチャージした場合、プライム会員は1回のチャージ金額に応じて1.0%~2.5%、通常会員は0.5%~2.0%のAmazonポイントが還元されます。

さらに『プライムデー』期間中、プライム会員は+0.5%のAmazonポイントが還元されるなどのキャンペーンも不定期で行っているため、是非チェックしてみてください。

1回のチャージ金額通常会員プライム会員
90,000円以上2.0%2.5%
40,000円以上1.5%2.0%
20,000円以上1.0%1.5%
5,000円以上0.5%1.0%

※クレジットカードチャージの場合、通常会員はAmazonポイントの還元はありませんが、プライム会員は一律0.5%のAmazonポイントが還元されます。

『Amazonプライム会員』なら通常配送料と配送オプションが無料になる特典が得られるだけじゃない!

Amazonプライム会員

プライム会員になると非常に多くの特典が利用できるようになります。

  • 2,000円未満でも送料無料
  • お急ぎ便・日時指定便などの送料が無料
  • プライム会員限定のプライムセールに参加できる
  • Prime Videoで240,000本の動画が見放題
  • Amazon Music Primeで200万曲の音楽が聴き放題
  • Prime Readingで1000冊以上のKindle本が読み放題
  • Amazonフレッシュが追加費用なしで利用できる
  • Amazon 食品スーパーライフが利用できる

ご紹介させていただいた上記以外にも様々な特典が受けられるため、是非、30日間の無料体験を試してみてください。

プライム月間プライム年間
500円/月4,900円/年

※無料期間終了後は自動で有料会員プランにアップグレードされてしまうため、自分には必要ないと感じたら無料期間中に解約をしてください。

-ヘッドホンのレビュー