ワイヤレスイヤホンのレビュー

Anker Soundcore Life P2ワイヤレスイヤホンのレビュー!使ってみた感想は「5000円以内なのに防水機能もあってコスパが良い!」と感じた

福岡県にお住いの33歳女性から2020年5月頃に購入されたAnker Soundcore Life P2ワイヤレスイヤホンを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

ワイヤレスイヤホンを欲しいと思ったきっかけ

2歳の幼児がいるので、日常でのテレビは子供向けの番組ばかり見ることになってしまい、自分の見たいテレビ番組がなかなか見ることができず、ストレスが溜まっていました。

ですが、ワイヤレスイヤホンがあれば料理やその他の家事をしながらキッチンでスマホの動画や録画したテレビ番組を見ることができのではないかと思ったからです。

あと、主人にもワイヤレスイヤホンは便利だと聞いていて、価格的にも手頃で購入しやすいことを知ったからです。

ワイヤレスイヤホンの候補にあがっていたもの

どの商品にするか悩んだ点は、価格、音質、見た目、操作性、機能についてです。

価格的には、5000円以内で購入できたらいいなと考えて探しはじめたのですが、あと3000円くらい予算を上げることを考えはじめました。

理由は見た目もスッキリとしていて某有名なメーカーにそっくりで色違いのような商品もあり、音質的にも購入した物より重低音などもしっかりとしていて良いと言われているワイヤレスイヤホンがあったからです。

更に、スマホで自分の耳にあう音色に調整することができる機能まで付いていたからです。

Anker Soundcore Life P2

Anker Soundcore Liberty Air2

Anker Soundcore Liberty Neo

Anker Soundcore Life P2ワイヤレスイヤホンに決めた理由

Anker Soundcore Life P2ワイヤレスイヤホンの充電ケース
5000円の予算内で購入できる商品にある機能で、十分満足できるのではないかと思ったからです。

ワイヤレスイヤホンを使ったこともありませんでしたし、いきなり高価な商品を購入したところで自分がどの位使用するかもわからなかったので、はじめから機能が盛り沢山で音質の良いワイヤレスイヤホンを購入しなくても良いのではないかと思います。

買い直す時に必要であればスペックの高いものにすれば良いと考えた結果、4999円の商品が最もバランスが良かったです。

Anker Soundcore Life P2ワイヤレスイヤホンのスペック

Anker Soundcore Life P2ワイヤレスイヤホンのスペック

スペック

  • 型番:A3919011
  • 製品種別:完全ワイヤレスイヤホン
  • イヤホン形状:カナル型
  • ドライバー:6mmグラフェンドライバー
  • 重さ:約62g(充電ケース込み)
  • 再生時間:イヤホン単体で最大7時間、ケース併用で最大40時間
  • 急速充電:対応(10分間の充電で約1時間分の音楽再生)
  • 充電ポート:USB Type-C(USB-C)
  • Bluetooth規格:Bluetooth 5.0
  • BluetoothプロファイルA2DP、AVRCP、HFP
  • 対応コーデック:SBC、AAC、aptX
  • 防水規格:IPX7
  • ハンズフリー通話:対応
  • ノイズキャンセリング機能:cVc8.0ノイズキャンセリング(通話用)
  • 音声アシスタント:対応
  • イヤホン搭載ボタン:物理ボタン

私は新品で購入しましたので、価格は4999円でした。

Anker Soundcore Life P2ワイヤレスイヤホンを実際に使ってみた

Anker Soundcore Life P2ワイヤレスイヤホンの本体
キッチンで料理を作ったり、洗い物をしている時にスマホで動画をみたり、音楽を聞いたりしています。

その他には、ランニングをする時やジムで運動をする時にはコードがないため、運動に集中することができます。

一番使用している場面は、子供を寝かしつけしている時に、自己啓発系のYouTubuを聞き流してみたり、お気にいりの音楽を聞いて寝落ち防止に役立っています。

コードがないため、子供にも気付かれにくくおすすめです。

使ってみて気に入っているところ

ケースがコロンとしていて可愛らしく、デザイン的に良いと思います。

音質は価格並みといったところかと思いますが、この価格でしたら納得できます。

次の曲に進ませたい場合、イヤホンに付いているボタンを押すことで進ませることができるため、わざわざスマホで操作しなくても良いところは便利です。

右耳だけ付けて接続ができるところが気に入っています。

種類によっては、両耳付けなければ使えない商品もあるようなので、子供の相手をしながら聞く時に便利です。

こんな方にはおすすめしたい

  • 片耳だけで接続したい人
  • 価格重視の人
  • 初めてワイヤレスイヤホンを使う人
  • ケースの見た目を重視する人
  • 有名なメーカーが良い人

使ってみて気に入らなかったところ

音が鳴っていない時だけだとは思うのですが、イヤホンの外側が小さいですが青く光るため、子供を寝かしつけながら使っていると、途中で動画が終わった時など、子供が気になってしまいなかなか寝てくれないことがあります。

あと、接続がうまくいかない時がたまにあります。

片方だけ接続することができなかったり、たまに両方接続できなくなってしまい困りますが、少し時間を置いてから試すと接続できるので今のところ使うことができています。

こんな方にはおすすめしない

  • イヤホンが光るのが嫌な人
  • 音質を重視する人
  • ケースのサイズをコンパクトにしたい人
  • 色が黒のみなので、可愛らしい色が良い人
  • ケースにしまう時にイヤホンを横向きにするのが嫌な人

Anker Soundcore Life P2ワイヤレスイヤホン購入後の生活

ワイヤレスイヤホンはコードが無いので、様々なシーンで今まで以上に音楽や動画を視聴することができるようになり、ストレス解消になっています。

特に子供の寝かしつけをする際は、今まで寝落ちしてしまうことが多く困っていましたが、動画を聞き流すことで時間を有効に使うことができ、寝落ちすることも減りとても有意義な時間を過ごすことができるようになりました。

周りの環境に左右されることなく、自分の時間を楽しめるようになりました。







-ワイヤレスイヤホンのレビュー

© 2021 デジタルガジェットライフ