キーボードのレビュー

Logicool G G512 LIGHTSYNC RGBゲーミングキーボードのレビュー!使ってみた感想は「1万円前後で買えるおすすめのメカニカルキーボード」と感じた

北海道にお住いの24歳男性から2021年4月に購入されたLogicool G G512-TC LIGHTSYNC RGBゲーミングキーボードを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

ゲーミングキーボードを欲しいと思ったきっかけ

今まで使っていたキーボードのシフトキーの調子が悪くなったことと、10年近く使っていたこともあり買い替えを考え購入いたしました。

また購入時期にはインターネットビジネス(ブログ、動画投稿)などもやってみようと考えていたため、自分が触っていて楽しいと思えるキーボードにしようと、色々なキーボードを触り選びました。

PCの中身を年末に一新した後ということもあり、ついでに気になっていたキーボードも変えよう。と思ったことも欲しいと思ったきっかけの一つです。

ゲーミングキーボードの候補にあがっていたもの

迷っていた商品の感触は少しずつ違いはあるもののどれも気に入った感触でした。

あとはメーカーをずっと慣れているLogicoolにするのか新たにゲーミングデバイスの大手メーカーRazerにするのかで迷いました。

もう一点はLogicool製品の中ではこちらのキーボードと、もう一段上のモデルの物との価格面で迷いました。

またネットのレビューを見ると、どの商品も非常に高くレビューでは甲乙を付けれらなかったのも迷った要因の一つです。

Logicool G G512 LIGHTSYNC RGB

Logicool G G813

created by Rinker
Logicool G(ロジクール G)

Razer BlackWidow Elite JP Green Switch(RZ03-02620800-R3J1)

Logicool G G512 LIGHTSYNC RGBゲーミングキーボードに決めた理由

Logicool G G512 LIGHTSYNC RGBゲーミングキーボードのライティング
マウスはずっと前からLogicool製のものを使っていたこともあり、せっかくならメーカーをそろえようと思いメーカーは決定しました。

実はもう一つ候補に入っていたキーボードもあったのですが価格的に今回のキーボードよりも安くなるためせっかくなら10,000円以上のの良い物を買おうと考えました。

もう一つの20,000円越えの物は今回は手が出なかったことと、マクロ機能は自分ではそこまで使わないと考えたためオーバースペックにならないようこちらの商品を選びました。

Logicool G G512 LIGHTSYNC RGBゲーミングキーボードのスペック

Logicool G G512 LIGHTSYNC RGBゲーミングキーボードのスペック

スペック

  • G512 GX BLUE:長さ:132mm/幅:445mm/高さ:35.5mm/重量(ケーブル除く):1130g/ケーブル長:1.8m
  • GX BLUEメカニカル スイッチ:アクチュエーションポイント:1.9mm/押下圧:50g/キーストローク:4.0mm
  • 接続タイプ:USB 2.0
  • USBプロトコル:USB 2.0
  • USBポート(内蔵):あり(2.0)
  • インジケーター ライト(LED):2
  • バックライト:あり(キー単位のRGBライト)
  • ライトコントロール:FN+F5/F6/F7
  • ゲーム モード:FN+F8
  • メディアコントロール:FN+F9/F10/F11/F12
  • 音量コントロール:FN+ PRTSC/SCRLK/PAUSE
  • 公式サイト:https://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/products/gaming-keyboards/g512-mechanical-gaming-keyboard.html

私は新品で購入しましたので、価格は11980円でした。

Logicool G G512 LIGHTSYNC RGBゲーミングキーボードを実際に使ってみた

Logicool G G512 LIGHTSYNC RGBゲーミングキーボードの全体
実際に家ですか使ってみたところ、前に使っていたキーボードは高さがない物だったこともあり最初は違和感がありました。

机の高さと椅子の高さの関係もあり、若干キーが高く感じたのでキーボードレストを導入したところ非常に使いやすくなりました。

大きな不満ではないのですがキーの高さが高く感じる関係で可能であればもう少し角度を付けられるよう足が高くても良いかと思いました。

家電量販店で長時間触って考えたため触った感触はとてもお気に入りです。

使ってみて気に入っているところ

G HUBの設定が非常にめんどくさかったものの製品自体は非常に気に入っています。

タイピングの感触も良く、まらキーが埋まっているのではなく浮いているタイプのため掃除がしやすいのも嬉しいポイントです。

今回の購入の際には掃除がしやすさは考えていなかったのですが今後キーボードの交換を考える際にはそこも一つの要素になるかと思います。

青軸などのカチカチしたクリッキーな感触を求めている方には不満かもしれませんが同居人がいることもあり消音といった面でも満足しております。

こんな方にはおすすめしたい

  • 10000円前後でゲーミングキーボードを買いたい。
  • テンキーが欲しい
  • Logicool製品を使いたい
  • 黒軸では重く赤軸では軽いという方。
  • 掃除がしやすいキーボードを探している

使ってみて気に入らなかったところ

G HUBの設定が非常に面倒くさくキーボードのバックライトのエラーが購入当初何度かおこりました。

またマウスもLogicool製なのでG HUBでまとめて管理しようと考えていたのですが、もっていたマウス(G300s)がG HUBに対応しておらず、G HUBとLogicoolゲーミングソフトウェアの併用が必要になりました。

製品に不満はないのですが、一緒に管理することを考えていたのでこのソフトウェアのみ残念です。

こんな方にはおすすめしない

  • マクロを多く使いたい
  • 省スペースのキーボードが欲しい
  • カチカチとしたキーボードを使いたい。
  • PC周りをすっきりさせたい(有線のため)
  • PCの設定が苦手な方。

Logicool G G512 LIGHTSYNC RGBゲーミングキーボード購入後の生活

ブログや実況動画を作る際のモチベーションが非常に高くなりました。

気分が乗らない際にはバックライトの色を変えてみて気分転換をするのも効果的です。

クリエイティブな活動の手助けになっております。

以前使っていたキーボードはタイピングの音がうるさかったため、夜中に使うことが抵抗があったのですが今回のキーボードはそういったことがないため長く活動をできるようになりました。

タイピングが楽しいと思えるようになったのはこちらの製品のおかげです!







-キーボードのレビュー

© 2021 デジタルガジェットライフ