デジタルカメラのレビュー

Nikon D3500 ダブルズームキットデジタルカメラのレビュー!使ってみた感想は「初心者向けだけど本格的にも使える軽くて可愛い相棒」と感じた

岩手県にお住いの34歳女性から2021年3月頃に購入されたNikon D3500 ダブルズームキットデジタルカメラを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

デジタルカメラを欲しいと思ったきっかけ

以前、カメラに関する仕事をしており、その経験からデジタル一眼レフカメラをいつかは購入したいと長年思っていました。

またブログを始めたいと考えていて、自身が撮影した写真をブログに載せたいと思いました。

コロナ禍で、自宅で過ごす時間も増え、撮影や編集の勉強をする時間が多く取れると思ったこと、そして風景の写真撮影に挑戦しようと思って購入を決めました。

デジタルカメラの候補にあがっていたもの

まず、ミラーレスカメラと一眼レフカメラが候補に挙がったのですが、ミラーレスカメラの方がデザインが可愛く軽い事と、今後ミラーレスカメラが主流になるのか動向がわからず迷いました。

また、バリアアングル機能が搭載されているD5600の機種と迷いました。

現在、Nikonではデジタル一眼レフカメラの初級機を発売しておらず、ミラーレスカメラと比べてデジタル一眼レフのD3500とD5600の2機種は発売から年数が経っていて、アフターサービスが充分出来るのか少し心配でした。

Nikon D3500 ダブルズームキット

Nikon D3500 ダブルズームキット

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600

Nikon ミラーレスカメラ Z50

Nikon ミラーレスカメラ Z50

Nikon D3500 ダブルズームキットデジタルカメラに決めた理由

Nikon D3500 ダブルズームキットデジタルカメラの本体とレンズ

購入を決めた理由は価格と軽さ、レンズの豊富さです。

バリアアングル機能搭載のD5600は、D3500より少し値段が高かったのですが、D3500は現在は製造していない機種の為、かなり安く購入出来ました。

バリアアングル機能はあった方が便利とは思いましたが、なくても問題ないと割り切り、また、ミラーレスカメラの場合はレンズの種類が少ないため、今後の事を考えてレンズが豊富なD3500に決めました。

中級機の購入も考えましたが、重くなってしまうので、持ち歩きに便利で軽い初級機にしました。

Nikon D3500 ダブルズームキットデジタルカメラのスペック

Nikon D3500 ダブルズームキットデジタルカメラのスペック

スペック

  • 撮像素子サイズ:23.5×15.6 ※CMOSセンサー、ニコンDXフォーマット
  • マウント:ニコンF ※AF接点付
  • 有効画素数:2416万画素
  • 記録画像形式:JPEG ※JPEG-Baseline準拠、圧縮率(約):FINE(1/4)、NORMAL(1/8)、BASIC(1/16)
    RAW ※RAW12ビット(圧縮)
  • 動画撮影機能:フルHD画質
  • 連続撮影速度:5コマ/秒 ※フォーカスモードがマニュアルフォーカスで、撮影モードがS(シャッター優先オート)またはM(マニュアル)、1/250秒以上の高速シャッタースピード、その他が初期設定時
  • 最低撮影感度:100
  • 最高撮影感度:25600
  • マニュアルフォーカス:有
  • 液晶サイズ:3型 ※3型TFT液晶モニター、約92万ドット(VGA)、視野角170度、視野率約100%、明るさ調整可能
  • 可動式液晶:固定
  • 顔認識:有
  • ファインダー:有 ※アイレベル式ペンタミラー使用一眼レフレックス式ファインダー
  • ファインダー視野率:95% ※上下左右とも約95%(対実画面)
  • ファインダー倍率:0.85倍 ※50mm f/1.4レンズ使用、∞、-1.0m-1のとき
  • 対応メディア(メモリーカード) SDカード / SDHCカード / SDXCカード
  • 内蔵メモリー:無
  • 付属メディア:無
  • 電源:リチウムイオンバッテリー ※EN-EL14a
  • 標準撮影可能枚数:1550枚 ※カメラ本体でLi-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL14a使用時 CIPA規格準拠
  • Wi-Fi:非対応
  • HDMI端子:有 ※Type C
  • 内蔵ストロボ:有
  • リモコン/レリーズ:対応 ※1コマ撮影、連続撮影、静音撮影、セルフタイマー
  • 幅:124mm
  • 高さ:97mm
  • 奥行き:69.5mm
  • 重量:365g ※本体のみ
  • 防塵・防滴機能:無
  • 防水:非対応
  • 言語表示:日本語/英語
  • アルカリ乾電池:非対応
  • キットタイプ:ダブルレンズキット
  • キットレンズ:AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR / AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR
  • セット内容:ニコン D3500 ボディ / 交換レンズ AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR / 交換レンズ AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR / 接眼目当て DK-25 / ボディーキャップ BF-1B / Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL14a / バッテリーチャージャー MH-24 / ストラップ AN-DC3
  • 公式サイト:https://shop.nikon-image.com/front/ProductVBK550WJ

私は中古で購入しましたので、価格は税抜き51,800円でした。

Nikon D3500 ダブルズームキットデジタルカメラを実際に使ってみた

Nikon D3500 ダブルズームキットデジタルカメラのレンズとボディ

コロナ禍で外出が減りましたが、主に人の少ない屋外で風景写真を楽しんでいます。

近くの絶景や撮影スポットをインターネットや雑誌で調べて出掛け、古い建造物や季節の花を撮影しています。

実際に撮影してみると、雑誌やインターネットで見た写真とは全く異なり、魅力が出ないことにがっかりしたりしますが、様々な角度て撮影してみたり、自分なりに工夫して、良いイメージに近づけるよう日々勉強しています。

使ってみて気に入っているところ

ダブルズームキットなので、レンズを交換して楽しむ事が出来る点で、同じ所から撮影してもレンズを変えると全く印象が異なるので、飽きずに楽しく撮影が出来ています。

植物園や公園は1時間位歩いたりするのですが、カメラが軽いため、長時間首に下げていても疲れないところも気に入っており、もしこれより重かったら撮影に集中できないので、軽いタイプで良かったと思います。

また、撮影モードもシンプルでわかりやすいので、一眼レフ初心者でも簡単に撮影が出来ました。

こんな方にはおすすめしたい

  • 軽いので長時間持ち歩く人
  • 価格を重視する人
  • 対応レンズが豊富なので、レンズをこれから増やしたい人
  • 最初にどのレンズを購入したらいいかわからない人
  • 撮影が簡単なので初心者の人

使ってみて気に入らなかったところ

バリアアングル機能については悩みましたが、やはり搭載されている方が、背の低い植物などの撮影は楽だと後悔しました。

使用説明書が簡素でわかりにくく、詳細はインターネットで確認するよう案内がありましたが、もう少し冊子で詳しく記載して欲しいと思いました。

バッテリー室カバーが少し弱く感じ、カバーを開ける時は慎重に壊れないか少し緊張します。

少し衝撃を与えたり、乱暴に開けたら壊れてしまいそうな簡単な作りという印象を抱きました。

こんな方にはおすすめしない

  • カメラの見た目を重視する人
  • バッテリー室カバーが壊れやすいので、扱いが乱暴な人
  • バリアアングルで撮影したい人
  • 初級機で物足りないと思う人
  • 説明書が不親切なので、説明書をしっかり読み込みたい人

Nikon D3500 ダブルズームキットデジタルカメラ購入後の生活

撮影するために出かける事が多くなり、次はどこへ行こうかと考える事が楽しいです。

また、写真集を見たり、新聞や雑誌できれいな写真を見ると嬉しくなり、自分もこういう写真が撮りたいと思うようになりました。

散歩中や自宅の庭、用事でどこかへ行く時など、常にきれいな景色や絵になる風景などを探してしまいます。

また、カメラバッグやストラップなど、アクセサリーにこだわることも楽しみの1つで、今後はレンズの種類を増やして、撮影のバリエーションを増やしていきたいと思っています。







-デジタルカメラのレビュー

© 2021 デジタルガジェットライフ