デジタルカメラのレビュー

SONY Cyber-shot DSC-RX100 IIIデジタルカメラのレビュー!使ってみた感想は「値段と性能のバランスがちょうどいいカメラ」と感じた

2020年12月15日

神奈川県にお住いの36歳男性から2020年8月頃に購入されたSONY Cyber-shot DSC-RX100 IIIデジタルカメラを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

デジタルカメラを欲しいと思ったきっかけ

youtubeを始めようと思い、初めはスマホで撮影をしていましたが、撮影を進めていくうちにいろいろな点で不満がが出てきました。

例えば、スマホで商品を映しても画質が良くなく、しかも背景にボケ感が出せないので平坦な印象がありました。

またスマホの熱暴走によりカメラアプリが途中で落ちてしまうことが度々あり、特に動画だと数分撮影しただけで確実にカメラアプリが落ちてしまう始末でした。

こうした不満点に我慢できず、カメラを買いたいと思いました。

デジタルカメラの候補にあがっていたもの

まずカメラの購入を考えるときに高級コンデジにするか、ミラーレス一眼にするか非常に悩みました。

ミラーレス一眼にすると、レンズの管理が面倒なのと、カメラ自体が大型になるので取り扱いに苦労すると思い、除外しました。

高級コンデジですがいくつか候補を選定し、その中からDSC-RX100M3を選んだのですがレンズの明るさが決め手になりました。

DMC-TX1、G9X Mark2、ともにレンズの明るさがDSC-RX100M3に比べて劣っていました。

また、両機種ともにDSC-RX100M3より望遠距離が優れていましたが自分にはそこまでの望遠性能は必要ないと感じました。

SONY Cyber-shot DSC-RX100 III

Canon PowerShot G9 X Mark II

パナソニック LUMIX DMC-TX1

SONY Cyber-shot DSC-RX100 IIIデジタルカメラに決めた理由

SONY Cyber-shot DSC-RX100 IIIデジタルカメラのシャッターボタン
レンズの明るさと値段が決め手になりました。

広角端がF1.8、望遠端がF2.8とレンズが明るいので比較的暗い場所でもキレイに撮影でき、ボケ感も出せると思いました。

特に室内で撮影する機会が多いのでこのレンズの明るさは特に重要視しました。

そして値段ですが、RX100は初代から7代目までありますが、M3が一番性能と価格のバランスが良いと感じました。

M4から4Kで撮影できるのですが、自分には4K撮影は必要なく、しかもこのM4から値段がグッと上がるので除外しました。

初代、M2ですが、値段自体は安かったのですが、望遠端がF4.9とレンズが暗かったので除外しました。

SONY Cyber-shot DSC-RX100 IIIデジタルカメラのスペック

SONY Cyber-shot DSC-RX100 IIIデジタルカメラのスペック width=

スペック

  • デジカメシリーズ:Cyber-shot
  • 有効画素数:2010万画素
  • 撮像素子サイズ:13.2×8.8
  • 焦点距離(広角側・35mm換算):24mm
  • 焦点距離(望遠側・35mm換算):70mm
  • 開放F値(広角側):1.8
  • 開放F値(望遠側):2.8
  • 光学ズーム:2.9倍
  • デジタルズーム:11倍 ※20Mサイズ
  • 手ブレ補正機能:有
  • 液晶サイズ:3型
  • 顔認識:有
  • 連写機能:有
  • 連続撮影速度:10コマ/秒
  • 最低撮影感度:125
  • 最高撮影感度:12800
  • 内蔵ストロボ:有
  • ファインダー:有
  • HDMI端子:有
  • アルカリ乾電池:非対応
  • 標準撮影可能枚数:320枚 ※液晶モニタ使用時
  • 重量:263g ※本体のみ
  • サイズ:幅101.6mm・高さ58.1mm・奥行き41mm
  • 対応メディア(メモリーカード):SDXCカード・メモリースティック マイクロ・SDHCカード・SDカード・メモリースティック DUO・メモリースティック PRO DUO・メモリースティック PRO-HG DUO
  • スマイル認識:有
  • 自分撮り:対応

私は新品で購入しましたので、価格は53,400円でした。

SONY Cyber-shot DSC-RX100 IIIデジタルカメラを実際に使ってみた

SONY Cyber-shot DSC-RX100 IIIデジタルカメラの液晶モニター
youtubeやブログ撮影用に使用しています。

youtubeにあげる際は主に動画モードで撮影していますが、本体底面には三脚に取り付けられる穴が開いているので、三脚につけながら撮影しています。

また、チルト液晶が180度回転できるので、画面を見ながら動画撮影をしています。

ブログ用の写真を撮るときはプレミアムオートモードで撮影しています。

プレミアムオートモードであれば、カメラ側が自動的に状況を判別してシャッタースピードや露出を調整してくれます。

また背景をぼかすことも簡単にできるので小物類を撮影するときはぼかしをMAXにして撮影をしています。

使ってみて気に入っているところ

動画撮影の時はピントの問題があり、多少不満がありましたが、一方で静止画撮影の時は全く不満がなく、むしろ気に入っています。

シャッターボタンを半押しすれば、自分が合わせたい箇所にピントが大抵合ってくれますし、画質も素晴らしいです。

スマホでの撮影より明らかに解像感が増し、スマホで撮影画像とDSC-RX100M3で撮影した画像を見比べてみたのですが、明らかにDSC-RX100M3で撮影した写真のほうが画質が良かったです。

こんな方にはおすすめしたい

  • コンパクトなカメラも求めている人
  • 動画も静止画も綺麗に撮りたい人
  • カメラに価格と性能のバランスを求めている人
  • 旅行用のカメラを求めている人
  • Vlog用のカメラを求めている人

使ってみて気に入らなかったところ

唯一不満に思ったのはオートフォーカスです。

オートフォーカスは25点コントラストAFと古いので正直性能は劣っているため、ピントが合うのに時間がかかる、自分の思ったところにピントが合わないといった状況に度々遭遇しました。

静止画撮影では問題ないのですが、動画撮影の時は特に困りました。

最新機種だと像面位相差AFになっているのでオートフォーカスの性能はよくなっていますのでその点は素直にうらやましいと感じています。

こんな方にはおすすめしない

  • カメラにオートフォーカスの性能を求めている人
  • カメラに望遠性能を求めている人
  • なるべく新しいカメラが欲しい人
  • 動画専用のカメラを求めている人
  • 安いカメラを求めている人

SONY Cyber-shot DSC-RX100 IIIデジタルカメラ購入後の生活

スマホでの撮影で感じたストレスがDSC-RX100M3を購入したことで一気に解消され、そのおかげで撮影に精が出るようになりました。

以前のスマホでの撮影では自分の思ったような撮影ができず、それが原因でブログやyoutubeをさぼることも増えましたが、DSC-RX100M3に買い替えてからは自分の思い通りの撮影ができているのでブログやyoutubeの活動が活発になりました。

今後もこのカメラを末永く付き合いたいと思います。







-デジタルカメラのレビュー

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2021 All Rights Reserved.