女性の仕事のカバンの中身

技術専門員として勤務の理系女子の実用性最優先の仕事の持ち物:50歳女性のカバンの中身

2020年2月20日

茨城県にお住いの50歳女性「くらげ」さんの「仕事のカバンの中身」のご紹介です。

「実用性重視」というタイトルの「仕事のカバン」にはどのようなアイテムが入っているのか、「カバンの中身」を見ていきましょう。

「くらげ」さんのプロフィール


現在の仕事の基本情報

  • 業種:研究関連
  • 職種:技術専門員
  • 従業員規模:1001名~
  • 年収:400万円~500万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:契約社員
  • 在籍期間:5年未満

現在の仕事の内容

国立の研究所で、技術専門員として働いていて、研究開発の支援と管理を行っています。

具体的には、研究に必要な実験を実施する前に、その実験内容を計画書で申請する必要があるのですが、その計画書の内容を審査し、委員会に諮る業務を中心に行っています。

計画書を申請する研究者と連絡をとり、計画書の不備を修正してもらい、委員会の審査に諮るための準備を行い、委員会の開催の連絡等の事務的な業務を行います。

また、研究者の質問や問い合わせに対応し、安全に問題なく実験が行われるように管理を行い、年度末には報告書を提出してもらい、その内容を確認し、安全に倫理的に問題なく実験が行われたことを確認します。

今までの経験を活かし、そのような仕事にかかわっています。

「くらげ」さんの仕事のカバンの中身

実用性を最優先にした仕事のカバンの中身

仕事のカバンの中身の一覧

  1. ショルダーバッグ(IBIZA)
  2. ガラケー(GRANTINA KYF37)
  3. 皮財布(ノーブランド)
  4. ポーチ(ノーブランド)
  5. 香水(カルバンクラインのシーケービー)
  6. ポケットティッシュ(エリエール ティッシュ プラスウォーター)
  7. ハンドタオル(ローラアシュレイ)
  8. 目薬(ロートジーb)
  9. リップスティック(メンソレータム薬用)

コンセプトは「実用性最優先」


仕事のカバンの中身のこだわり

仕事かばんは、書類などが入れられるサイズで、口がしっかり閉まり、ポケットの多い実用的なものを選び、仕事中に必要となることが多いもの(携帯電話、ハンドタオル、ティッシュ、財布)を入れています。

携帯電話は、スマホではなくガラケーですが、自宅にも職場にもパソコンがあるので、それ以外では通話とメールが使えれば良いので、ガラケーの機能で十分に感じていますし、あまり充電しなくても良い点や、毎月の料金が安い点も気に入っています。

ポーチには、あると便利なもの(香水、メンソレータム、目薬)を入れていて、香水はほんの少し服につけると、気分が落ち着きリラックスできますし、メンタームは、唇や肌が乾燥したり荒れたりしたときに使います。

「くらげ」さんが仕事のカバンを選んだ理由とポイントは?

ショルダーバッグ(IBIZA)
現在の仕事かばんを選んだ理由は、大きさや機能が実用的だからです。

まず、肩紐と本体が革製で丈夫です。肩紐の太さも太すぎず細すぎず、重い荷物を入れた時も肩に食い込んだりせず、ちょうど良い太さと丈夫さになっています。

かばん本体の大きさも、ちょっと大きめの書類も楽に入るサイズで使い勝手が良く、ファスナーも、太めのしっかりしたファスナーで、横一文字の形状で、大きな書類なども出し入れがしやすいのです。

かばんの外側にはポケットがついており、内側にも大きなポケットが二つあるので、小物の整理がしやすく、内側のポケットの片方には、ファスナーがついているので、財布やカギ、携帯電話などの貴重品を入れています。

「くらげ」さんの仕事のカバンの中身で一番のお気に入りは?

目薬(ロートジーb)
一番気に入っているアイテムは目薬(ロートジーb)で、ドライアイぎみなのでよく使っていて、仕事でパソコンを長時間見るので、目が乾いたときにさします。

とくに、冷房や暖房で室内が乾燥しているときは、リフレッシュもかねて清涼感の高い目薬をさします。

今までいろいろな目薬を試してみましたが、この製品が一番さしたときにスッキリと清涼感があり、また、容器の形状も平たいのでかさばらず、さすときにも軽く押しただけでちょうど一滴が出てくるので気に入っています。

他の目薬は、力を入れないと一滴が出てこなかったり、一滴が多すぎたりすることが多いので、使いづらいと感じたり、一滴ではスッキリしないことが多いのですが、この製品は一滴でスッキリします。

「くらげ」さんの仕事のカバンの中身で意外と活躍しているものは?

ポケットティッシュ(エリエール ティッシュ プラスウォーター)
意外と活躍しているアイテムは、ポケットティッシュ(エリエール ティッシュ プラスウォーター)で、ティッシュに保湿成分が配合されているので、肌にやさしいところが気にいっています。

風邪や花粉症で一日に何回も鼻をかんだりすると、普通のティッシュだと肌が乾燥したり荒れたりしますが、このティッシュは潤い成分が含まれていてしっとりとしているので、乾燥しにくいのです。

私は乾燥肌で手荒れを起こすことが多いので、特に冬場は、ティッシュに触るだけで指先が乾燥するのですが、このティッシュだと、そのようなことが少ないです。

また、普通のポケットティッシュは、薄いビニルの袋に入っていて、残りが少なくなるとくしゃくしゃになるのですが、この製品はそのようなこともありません。

最後に「くらげ」さんの仕事のカバンの中身の今後について

今後、職場内でインフルエンザや近郊で新型肺炎などがはやった場合、マスクやペーパータオルも追加したいと思っています。

マスクは、一度外してその辺においてしまうと、その周囲のウイルス等に汚染されてしまうので、そのたびに新しいマスクにかえたほうが良いときいたので、2~3枚のマスクを入れておきたいと思います。

また、今は手洗い後にハンドタオルで拭いていますが、ハンドタオルは、濡れた箇所に雑菌やウイルスが繁殖するので良くないそうで、衛生上は使い捨てのペーパータオルのほうが良いそうです。

さらに、携帯用のエタノールスプレーの小さな瓶か、滅菌ティッシュなども用意し、キーボードや机の上などを消毒しようかと考えています。







-女性の仕事のカバンの中身

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2020 All Rights Reserved.