キーボードのレビュー

エレコム TK-FBP102SV/ECワイヤレスキーボードのレビュー!使ってみた感想は「白い部屋に馴染むキーボード」と感じた

千葉県にお住いの26歳女性から2021年11月頃に購入されたエレコム TK-FBP102SV/ECワイヤレスキーボードを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

ワイヤレスキーボードを欲しいと思ったきっかけ

引っ越しを機に部屋を白い色のもので統一し始めたのがこのキーボードの購入のきっかけになりました。

家具から家電までなるべく白い色でと思って買いそろえていくうちに、自分の持っているパソコン関係のものに特に黒いものが多いと気が付きました。

とは言え白いキーボード自体がそもそも少なく、線が付いていなくてスッキリ収納できるものというとかなり数が限られてきます。

そんな中でほとんど唯一と言えるくらい、白くかつ線もなく見た目もカッコ悪くないキーボードが見つかり、購入に至りました。

ワイヤレスキーボードの候補にあがっていたもの

それぞれのキーボードのどれも部屋にマッチしてたのでどれを買っても間違いなしという状況でしたが、エレコムやロジクールというメーカーに聞き覚えがあるのに対し、Ankerは自分にはあまり聞き馴染みがなく、購入して失敗しないか心配でした。

レビューはそれほど悪いものがないものの、商品の価格が安すぎて持ちが悪いのではと思ったり、反対にロジクールのキーボードはその当時の予算においては少し割高でした。

その為、間を取ってエレコムのキーボードを買うに至りました。

エレコム TK-FBP102SV/EC

Anker ウルトラスリム Bluetoothキーボード

ロジクール ワイヤレスキーボードK380

created by Rinker
Logicool(ロジクール)

エレコム TK-FBP102SV/ECワイヤレスキーボードに決めた理由

エレコム TK-FBP102SV/ECワイヤレスキーボードの外観

メーカー名に聞き馴染みがあることと、今まで他の機器で何度もお世話になっていたため、最終的な判断ではメーカーの知名度に頼ることになりました。

比較していたほかの2つのキーボードより、見た目がとてもシンプルで、絶妙に存在感が薄いことも購入の決め手となっています。

始めにキーボードを買うための条件として、白い家具に統一された部屋に合うことと、なるべくスッキリ収納したいので線がなくBluetoothで接続できるものを探していたので、今回購入した商品はばっちり条件にはまっていました。

エレコム TK-FBP102SV/ECワイヤレスキーボードのスペック

エレコム TK-FBP102SV/ECワイヤレスキーボードのスペック

スペック

  • 接続方式:Bluetooth(R)無線方式
  • 対応機種:Bluetooth(R)HIDプロファイルに対応したPC、タブレット、スマートフォン
  • 対応OS:Windows 11、Windows 10、Windows 8.1、Android 9.0、macOS Catalina(10.15)、iOS13.4、iPad OS13.4
  • 接続可能台数:3台
  • 電波周波数:2.4GHz帯
  • 電波到達距離:磁性体(鉄の机など)の上で使用する場合:約3m、非磁性体(木の机など)の上で使用する場合:約10m
  • キータイプ:パンタグラフ
  • キー配列:78キー(日本語配列)
  • キーピッチ:19.0mm
  • キーストローク:2.0mm
  • ホットキー数:13キー
  • 電源(キーボード本体):単4形アルカリ乾電池、単4形マンガン乾電池、単4形ニッケル水素2次電池のいずれか2本
  • 想定電池使用期間:アルカリ乾電池使用時の目安 約1.1年
  • 外形寸法(キーボード本体):幅286.5mm×奥行121.5mm×高さ20.4mm
  • 質量(キーボード本体):約264g ※電池を含まず
  • 公式サイト:https://www.elecom.co.jp/products/TK-FBP102SVEC.html

私は新品で購入しましたので、価格は2,499円でした。

エレコム TK-FBP102SV/ECワイヤレスキーボードを実際に使ってみた

エレコム TK-FBP102SV/ECワイヤレスキーボードの使用感

線がないのでとてもスッキリ収納が出来て、使用中も見た目がごちゃごちゃしないのでとても作業が捗ります。

購入して初めて気が付いたことですが、本体がとても薄いので手首が疲れることなく作業が進められます。

これは思ってもみなかったことなのでとても嬉しかったです。

また、打ち心地も軽くもなく重くもなく絶妙なタイピング感ですし、キーボードの幅も大きくないので、デスクトップ用として購入していますが、ノートパソコンのサイズに慣れていた自分にとってはとても相性が良かったです。

使ってみて気に入っているところ

白くてシンプルでかっこいい見た目が何よりも気に入っています。

多少の遅延や誤入力がありますが、初めの条件として第一に白い部屋に似合うことと、スッキリ収納できて見た目がいいことが挙げられていたので、少し扱いづらい部分があっても我慢できます。

本体が薄いので入力している時間が長くなってもあまり手首が疲れないのも使ってみて気に入ってるところの一つです。

もしもまた買い替えることがあっても同じ商品を選ぶと思います。

こんな方にはおすすめしたい

  • 小さいキーボードを探している人
  • 手首の疲れないキーボードを探している人
  • 白い部屋に合うキーボードを探している人
  • 入力遅延が気にならない人
  • ノートパソコンのキーボードに慣れている人

使ってみて気に入らなかったところ

Bluetoothで接続するものなので入力に少々遅延が生じます。

タイピングは早い方なので入力遅延によって文章がおかしくなってしまったり、一つのキーが永遠に押される、または永遠に打った文が消されてしまうなどということもあり使いづらい時もあります。

折角買った商品ですし、起こる頻度もそうそう高くないので、マメに保存するなど自分でも工夫して作業してなんとかしています。

そういった入力遅延や誤入力が気になる方はお勧めできません。

こんな方にはおすすめしない

  • 入力遅延が気になる人
  • ゲームをする人
  • 右手に数字キーがないと困る人
  • シンプルな見た目が気に入らない人
  • デスク上にスペースがたくさんある人

エレコム TK-FBP102SV/ECワイヤレスキーボード購入後の生活

黒くて大きなキーボードがなくなったので、白い部屋がずいぶん整いました。

パソコンの画面も消えていると黒いので、黒いものが一つもないわけではありませんが、デスク上に一つ無くなっただけでも部屋が広く感じられて心地よく過ごすことが出来ています。

また、薄くて小さなキーボードなのでパソコン台の下に収納することができ、使わないときはデスク上を何もない状態にすることが出来るので、パソコン以外の作業をデスクでしたいときにとても便利です。







-キーボードのレビュー

© 2022 デジタルガジェットライフ