キーボードのレビュー

ELECOM TK-FCM089SBKキーボードのレビュー!使ってみた感想は「静か過ぎるのに仕事がはかどるキーボード」と感じた

東京都にお住いの47歳男性から2022年2月頃に購入されたELECOM TK-FCM089SBKキーボードを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

キーボードを欲しいと思ったきっかけ

今まで20年近く前に購入したパソコンに付属していたキーボードを使用しており、さすがに反応しないキーも出てきたため、買い換えを検討しました。

その時はキーボードは何でもいいと思っていたので、適当に今まで使用していたのと同じ形のものを探したのですが、ちょうど横幅や鍵打音の大きさに違和感を感じ始めた時でしたので、違うタイプのキーボードも視野に入れることにしました。

そこでネットで調べるとワイヤレスや静音設計、さらにはコンパクトサイズなど色々なタイプのキーボードがあることを知りました。

キーボードの候補にあがっていたもの

今まで使用していたキーボードは20年近く前のものなので、とにかく横幅があり、カチャカチャ音がして、コードの先がUSBではないものでした。

パソコンに詳しくなかったので、キーボードはこういう音がするものだとあきらめつつ、またコードがあるのも意外と邪魔だと思いながら使っていました。

まずはコンパクトなタイプはないかと探しはじめ、特に深夜にブログなどを書く時にタイピングの鍵打音が気になっていたので、静音性に関しては最も重要した部分です。

ELECOM TK-FCM089SBK

ロジクール K295GP

エレコム TK-FBM093SBK

ELECOM TK-FCM089SBKキーボードに決めた理由

ELECOM TK-FCM089SBKキーボードの背面

本体が1480円と激安で、それに送料が600円ほどだったのですが、それでも2000円ほどで買えるという価格が一番の決め手でした。

机上にスペースがあまりないため、横幅の狭いものを探していたところ、こちらの製品はテンキーを省いていたこともあり、かなりコンパクトだった点も魅力です。

ネットにも書いてある通り、全く鍵打音がせず、ずっと前からこんな静かなキーボードがあったとはと後悔したほどです。

コードが邪魔に感じていたのですが、よくよく検討してみると充電するのが面倒くさいと思い、ワイヤレスタイプはあきらめました。

ELECOM TK-FCM089SBKキーボードのスペック

ELECOM TK-FCM089SBKキーボードのスペック

スペック

  • インターフェイス:USB
  • コタ形状:USB(A)オス
  • 対応機種:USBポートを装備したPC/AT互換機
  • 対応OS:Windows 10、Windows 8.1、Windows 7、Windows XP
  • キータイプ:メンブレン
  • キー配列:84キー(日本語配列)
  • キーピッチ:19.0mm
  • キーストローク:2.6mm
  • ホットキー数:8キー
  • 電源方式:USBバスパワー
  • ケーブル長:1.5m
  • 外形寸法:幅302.4mm×奥行130.3mm×高さ29.6mm
  • サイズ分類:ミニ
  • 質量:約416g ※ケーブル含む
  • 付属品:ユーザーズマニュアル×1
  • VCCI classB対:○
  • 公式サイト:https://www.elecom.co.jp/products/TK-FCM089SBK.html

私は新品で購入しましたので、価格は1480円でした。

ELECOM TK-FCM089SBKキーボードを実際に使ってみた

ELECOM TK-FCM089SBKキーボードの本体と箱

キーボードを机の上や床の上でも移動して使うことがよくあり、その時に今までは両手で持っていたのが、片手で持てるようになったのが良い点です。

横幅があるタイプだとマウスを横に置いたときに離れるので、ゲームをする時などは結構不便に感じていたのですが、このコンパクトタイプはテンキーが無いため、コントローラーを持ってプレイしている感覚に近くてやりやすいです。

また静音設計とうたっている通り、深夜にブログを猛スピードで書く必要がある時なども、音を全く気にすることがなくなりました。

使ってみて気に入っているところ

以前、使用していたものと比べたら、全てにおいて気に入っていると言えます。

キーボードを打ち込む時の音は、気になりだすとちょっとの音でも集中できなくなってしまうのです。

実際に製品を触ってみることなくレビューを参考にして購入したので、多少の不安はありましたが、予想以上に静かでビックリしました。

さらに、以前のキーボードは横幅が大きいわりに軽かったので、移動する時にたまに落とすことがありましたが、このタイプのキーボードはコンパクトなため、全く手から離れることがありません。

こんな方にはおすすめしたい

  • 深夜にも仕事などで使う。
  • 小さい子供がいる人。
  • 机の上のスペースがない人。
  • 充電するのが面倒くさい人。
  • テンキーが必要ない人。

使ってみて気に入らなかったところ

まず、テンキーがないという部分は使っていて気になるかもしれないと思っていたのですが、今はまだ大丈夫です。

ただ、キーボードの上にあるファンクションキーはめったに普段使わないから良いと思っていたのですが、ゲームをプレイする時に意外と頻繁に使うという事に気付きました。

このキーボードはコンパクトタイプのせいなのか、ファンクションキーもコンパクトになっているのですが、他のキーに比べると半分ほどの大きさなので、ゲーム中に目で確認しながら押さなければいけないのが気に入らない部分でした。

こんな方にはおすすめしない

  • コードが邪魔に感じる人。
  • テンキーを仕事で使う人。
  • 指が大きくてファンクションキーをよく使う人。
  • 手が大きくてキーボード自体、大きいほうがいいという人。
  • カチャカチャという音が気に入っている人。

ELECOM TK-FCM089SBKキーボード購入後の生活

深夜に仕事やブログに取り掛かろうとする時に家族や近隣住民に気を使う生活だったのですが、全くその心配が必要なくなって集中できるようになりました。

コンパクトタイプなので、スペースをセーブすることができましたし、キーボードの向きを変えてもマウスをすぐ横に置けるようになりました。

このキーボードをさわりたいが為に、パソコンの電源をいれるということにもなっています。







-キーボードのレビュー

© 2022 デジタルガジェットライフ