キーボードのレビュー

Logicool Wireless Keyboard K275キーボードのレビュー!使ってみた感想は「ワイヤレスなのでマウスとセットで使用がおすすめ」と感じた

2020年8月17日

長野県にお住いの55歳男性から2018年に購入されたLogicool Wireless Keyboard K275キーボードを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

キーボードを欲しいと思ったきっかけ

パソコンを2台使っており(デスクトップPCとノートPC)使い分けていますが、それぞれのキーボードは配列も大きさも異なるので使いずらいです。

1つのキーボードにまとめられれば使い勝手が良く、快適に仕事が出来るようになります。

この場合、USBキーボードを使うことになりますが、ケーブルタイプだと線の引き回しが邪魔になり使い勝手が悪くなりますので、そこでワイヤレスタイプのキーボードを探しました。

値段も安かったので決めました。

キーボードの候補にあがっていたもの

キーボードですのでキータッチが良くないと使いずらいです。

写真を見ただけだと使った感じはわからないのでどの製品にしたら良いか迷いましたし、実際に家電量販店に行って見てみたりしましたが、現物はあまりなく使ってみることはできません。

写真を拡大してキーストロークの違いを見たり、ネットの口コミを見たりして比較しましたが、はっきりしませんでした。

マスにしても握り心地は重要ですが実際に触ることが出来ませんでした。

Logicool Wireless Keyboard K275

サンワサプライ SKB-WL24SETBK

サンワサプライ SKB-BT22BK

Logicool Wireless Keyboard K275キーボードに決めた理由

Logicool Wireless Keyboard K275キーボードとマウスのセット
最終的には使い勝手と価格で決めたのですが、使い勝手に関してはUSBのスティックをパソコンに取り付けるだけで使用できます。

これならデスクトップPCとノートPCを使い分ける時もUSBのスティックを取り外して別のPCに付け直すだけで使用出来て便利だと考えました。

価格に関しては大きな違いはありませんでしたが、まあまあ安いほうでしたのでこれに決めました。

あと、見た目にすっきりとした形状もこの製品に決めた理由です。

Logicool Wireless Keyboard K275キーボードのスペック

Logicool Wireless Keyboard K275キーボードのスペック

スペック

  • 本体サイズ キーボード(幅×奥行×高さ):450mmx155mmx18mm
  • 本体重量キーボード (電池含む):470g
  • レシーバーサイズ(幅×奥行×高さ):14.4mm x 18.7mm x 6.1mm
  • レシーバー重量:2g
  • キーレイアウト:108キー日本語レイアウト
  • キー構造:メンブレン
  • キーピッチ:19mm
  • キーストローク:3.2mm
  • 押下圧:60g
  • 角度調節機能:有(8°)
  • ショートカットキー
  • アプリケーション:ウェブブラウザ、メール、電卓
  • その他:再生/一時停止、ミュート、ボリュームアップ、ボリュームダウン、スリープ
  • その他の機能:AES暗号化
  • 使用電池:単四形乾電池 x 2本
  • 電池寿命:最大2年
  • 操作距離:10m
  • 無線方式:アドバンス2.4GHz(Unifying対応)
  • 接続I/F:USB

私は新品でマウスとセットで購入しましたが、価格は3000円程度でした。

Logicool Wireless Keyboard K275キーボードを実際に使ってみた

Logicool Wireless Keyboard K275キーボードの裏側のスタンド
キーボードですのでキータッチが良くないとつかいずらいと思っていたのですが、軽いキータッチでストロークが浅くて使いやすいので、大きさも丁度自分に合っていたようです。

キーを打つ際に大きな音が出るのは好きではないのですが、これに関しても静かな音なので問題ありません。

使い勝手については思った通り、USBのスティックを取り外して別のPCに付け直すだけなので、自分だけでなく、他の人にも貸すことが簡単に出来ます。

使ってみて気に入っているところ

使い勝手の点で、部屋から部屋に持ち運びできる点が良い点です。

USBのスティックなので取り扱いも簡単で、マウスとセットになっていてマウスもワイヤレスですので場所が離れていても自由に動かせて便利です。

使い道としては、会議室に持ち込み、数人での会議を行う場合、他人に自分のPCを操作してもらう場合、キーボードとマウスだけを渡し、画面はプロジェクタを見てもらうようにするとパソコンを動かさなくて良いので便利です。

こんな方にはおすすめしたい

  • パソコンを2台以上持っていてキーボードを1つにしたい場合
  • 持ち運んで使いたい人
  • マウスもワイヤレスが良い人
  • キータッチが軽い方が好みの人
  • ケーブルが邪魔だと思う人

使ってみて気に入らなかったところ

電源が電池式であるため、交換が面倒で、ワイヤレスなので仕方ない点がありますが、出来れば充電式になっていると電池交換の手間がいらず便利だと思いました。

それから電源の残量が判らないので急に電池が切れて使えなくなることがあると不便で、交換時期が判るようになっていれば良いと思いました。

電池の交換も本体を裏返して蓋を取りますが、蓋が壊れそうな感じで恐る恐る取り付けしましたので、あまり力を入れないほうが良さそうです。

こんな方にはおすすめしない

  • 電池交換作業が面倒な人
  • 電池交換にお金が掛かるのが嫌な人
  • パソコンの純正品が良い人
  • 値段が安い方が良い人
  • キーのサイズが大きい方が良い人

Logicool Wireless Keyboard K275キーボード購入後の生活

デスクワークを場所を変えて作業することが増えました。

例えば会議室を変えたり、座る作業机を変えたりしてパソコン作業の気分を変えることが出来ました。

このキーボードは持ち運びには適しませんが、テレワークをしている時期では自宅に持ち帰って使用しています。

会社と同じキーボードで作業できるのでキー配列の違いに迷うことなく快適な作業が出来ます。

USBキーボードなのでどんなパソコンでも直ぐに使えて困ることがありません。







-キーボードのレビュー

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2020 All Rights Reserved.