ヘッドホンのレビュー

audio technica ATH-M50xヘッドホンのレビュー!使ってみた感想は「音の解像度が高く小さなノイズも見つけられるレベル」と感じた

神奈川県にお住いの27歳男性から2021年2月頃に購入されたaudio technica ATH-M50xヘッドホンを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)

ヘッドホンを欲しいと思ったきっかけ

音楽制作でより詳細な音の状態を確認する必要があったため、購入しました。

決め手としては、音楽制作を仕事にしている友人が低域、中域、高域がそれぞれはっきり聞こえ、バランスも上手く取れており、特に初心者にはお勧めという話を聞いた事がきっかけです。

また、店舗にいってみての装着感もしっかり自分の耳へフィットしており、長時間の装着をしていても耳や頭が痛くならず、音以外の要素も合格していました。

ヘッドホンの候補にあがっていたもの

音楽制作する際の音楽ジャンルの関係で、低域や高域に過度に寄ったり、特定音域をクリアにしたものではなく、低域、中域、高域それぞれの音域のバランスの取れたものが欲しいと考えていました。

SONY MDR-CD900STとAKG K240は、それぞれバランスの取れたヘッドフォンだったため、非常に迷いましたが、最終的には装着感で選びました。

audio technica ATH-M50x

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)

SONY MDR-CD900ST モニターヘッドホン

AKG K240 Studio モニターヘッドホン

audio technica ATH-M50xヘッドホンに決めた理由

audio technica ATH-M50xヘッドホンのハウジング

それぞれの装着感や長時間使用時の耳や頭の痛みがあるかどうか、実際の音の聞こえ方などを総合的に判断しました。

audio technica ATH-M50x ブラック モニターヘッドホンは、バランスの取れた音域的特徴に加えて、長時間使用していても体に何らかの異変がないという点が、長期的に使っていく上で非常に利点であるなと感じ、購入を決めました。

audio technica ATH-M50xヘッドホンのスペック

audio technica ATH-M50xヘッドホンのスペック

スペック

  • 型式:密閉ダイナミック型
  • ドライバー:φ45mm、CCAWボイスコイル
  • 出力音圧レベル:99dB/mW
  • 再生周波数帯域:15~28,000Hz
  • 最大入力:1,600mW
  • インピーダンス:38Ω
  • 質量(コード除く):285g
  • プラグ:φ6.3mm標準/φ3.5mmミニ 金メッキステレオ2ウェイ
  • コード:OFCリッツ線1.2mカールコード(伸長時約3m) / OFCリッツ線3.0mストレートコード / OFCリッツ線1.2mストレートコード
  • 公式サイト:https://www.audio-technica.co.jp/product/ATH-M50x

私は新品で購入しましたので、価格は17800円でした。

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)

audio technica ATH-M50xヘッドホンを実際に使ってみた

audio technica ATH-M50xヘッドホンのロゴ

音楽制作時、音質チェックやMix時のバランス感のチェック、マスタリング時の最終的な仕上がりなどのチェック・ジャッジをする際に使用しています。

また、SpotifyやiTuneなどの既存の曲を聴く際にも使用しています。

ヘッドフォン自体を折り畳むことができるため、外出時の音楽視聴や、音楽制作など、持ち運びできる点も非常に重宝していますし、またヘッドフォンを収納する袋も付属しているので、汚れなどにも安心して持ち運べます。

使ってみて気に入っているところ

音質、音域のバランスなど、本来のヘッドフォンとしての機能面に関してはもちろんの事、ヘッドフォン自体を折り畳めることができ、さらにそのヘッドフォンを持ち運ぶためのカバー・袋が付属している点です。

外出先でヘッドフォンとその他の荷物もリュックに入れる必要があり、コンパクトに持ち運びたいと考えていたので、折り畳めるこの製品はピッタリです。

こんな方にはおすすめしたい

  • 音楽制作をする方
  • 音質にこだわりがある方
  • 特定の音域に特化していないヘッドフォンを探している方
  • 持ち運びがコンパクトにできるヘッドフォンが必要な方
  • ヘッドフォン初心者の方

使ってみて気に入らなかったところ

頭に触れるパッド面の耐久性が少し弱いのかなと感じています。

半年ほど経った時点で、頭の振れるパッド面がひび割れしているのに気づき、「えっ、もうこんなに摩耗しているのか」と少し驚いた記憶があります。

「こういうものなのかなぁ」と半ば諦めていましたが、他の製品のレビューや使用感などの口コミを見聞きしていると、やはり摩耗するには少し早い方であることが分かりました。

こんな方にはおすすめしない

  • 音質にこだわりがない方
  • 特定音域に特化したヘッドフォンを探してる方
  • 値段を気にする方
  • ごっつい感じのヘッドフォンを探している方
  • 長持ちするヘッドフォンを探してる方

audio technica ATH-M50xヘッドホン購入後の生活

今まではモニタースピーカーで音質、最終チェックなどをずっとこなしてきていたので、より詳細な音の状態を知れずにいました。

しかし、このaudio technica ATH-M50x ブラック モニターヘッドホンを購入してからは、今までモニタースピーカーで聞き取れなかった音やノイズに気づくことが多くなり、音楽自体のクオリティを飛躍的にアップすることができました。

しっかりと音の状態を確認するには、もってこいの製品です。

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)







-ヘッドホンのレビュー