周辺機器のレビュー

Apple Lightning SDカードカメラリーダーのレビュー!使ってみた感想は「やっぱり王道はApple純正製品!」と感じた

沖縄県にお住いの32歳男性から2022年4月頃に購入されたApple Lightning SDカードカメラリーダーを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

Lightningコネクタを欲しいと思ったきっかけ

Goproのアクションカメラを使用して動画を撮ることが多くあるのですが、Goproアプリ経由でWi-Fiを使用してiPhoneに移すと、動画の場合は移動にとても時間がかかってしまうことが悩みでした。

また、アプリとGoproをリンクさせるのも一手間かかってしまう為、スムーズにGopro内のデータ移動ができず使いづらさを感じていました。

そこで他者のレビューを参考にし、Apple公式のカードリーダーが転送速度も安定しており使いやすいと評判がよかった為、購入する運びとなりました。

Lightningコネクタの候補にあがっていたもの

悩み始めたキッカケが「データの移動速度」「Goproアプリの使いづらさ」だった為、転送の速度や使い勝手を第一に考えていました。

しかし公式製品はカードリーダーとしては比較的割高な値段設定である為、金額面と使いやすさのバランスに悩みました。

サードパーティ製品は、費用を抑えることができますが、対応外になってしまうことや読み込まなくなってしまうといった懸念があり、実際にレビューにもそういった書き込みが散見していました。

Apple Lightning SDカードカメラリーダー

Anker 2-in-1 USB 3.0ポータブルカードリーダー

BUFFALO USB2.0 マルチカードリーダー

Apple Lightning SDカードカメラリーダーに決めた理由

Apple Lightning SDカードカメラリーダーの外観

まずはApple公式製品という安心感です。

また各サイトのレビューから、安定した速度でデータ転送ができることと、読み込まなくなる等の不具合はほぼ見られていないなどの口コミを多数確認することができた為、購入することを決定しました。

サードパーティ製品は転送が遅く「無駄な買い物でした」や、「すぐに使えなくなりました」といった書き込みが見られた為、安物買いの銭失いになることが無いように
公式製品の購入に踏み切ることとしました。

Apple Lightning SDカードカメラリーダーのスペック

Apple Lightning SDカードカメラリーダーのスペック

スペック

私は新品で購入しましたので、価格は3,850円でした。

Apple Lightning SDカードカメラリーダーを実際に使ってみた

Apple Lightning SDカードカメラリーダーの使用感

主にGoproで撮影した動画をiPhoneやmacに移す際に使用しています。

容量の大きい動画をGoproアプリを使用してiPhoneへ転送すると、数分かかってしまうことがありましたが、SDカードリーダーを使用するとものの数秒でデータ移動が終了します。

しっかりとした編集をする際はmacへ移して行っていますが、家族や友人にデータを渡す場合はサクっとその場で選んでもらい移すことができる為非常に使いやすく思います。

使ってみて気に入っているところ

とにかくデータの転送が早く、SDカードの読み込みも爆速である為、ストレスフリーに使用することができています。

Goproだけでなく一眼カメラで撮影したデータも、SDカードリーダーを使用することで簡単にデータ移動を終えることができます。

最近のカメラはWi-Fiでデータ転送ができるようになっていますが、速度に関していうと天と地ほどの差がある為、データ量が多くても億劫になることがなくなりました。

他者へデータを渡す際にも簡単で重宝しています。

こんな方にはおすすめしたい

  • データ転送に時間がかかってストレスな方はストレスフリーに!
  • 他者とのデータ移動も爆速で読み込める為ストレスフリーに!
  • シンプルな作りなので邪魔になりません!
  • Wi-Fi転送と比べバッテリー消費が格段に抑えられます!
  • Apple公式製品という安心感と所有欲が満たされます。

使ってみて気に入らなかったところ

SDカードの読み込みは早く、認識しないといった不具合もない為これといった気に入らなかった部分はありません。

強いて言うのであれば、iPhone側の改善点かもしれませんが、読み込んだ一覧から動画か写真かの判断がつきづらい為、分かるようになっていると嬉しく思います。

Lightningケーブルなので、USB-Cジャックにはそのままでは使用できないのはややマイナスポイントかもしれません。

これは製品にというよりは、どちらかと言うとLightningの採用を続けるAppleへの不満になります。

こんな方にはおすすめしない

  • Apple製品の値段を高く感じる方。
  • アダプター無しでMicroSDを使用したい方。
  • USB-Cなど、Lightning端子以外も使用したい方。
  • 複数個のSDカードを同時に差し込み使用したい方
  • 長いケーブルの方が使い勝手が良く感じる方

Apple Lightning SDカードカメラリーダー購入後の生活

先日旅行へ行った際、Goproと一眼合わせて大量に撮影をしましたが、iPhoneへのデータ転送にストレスをまったく感じなくなりました。

周囲へ撮った写真を渡す際も簡単に選んでもらうことができる為、とてもスムーズにことが進みます。

Wi-Fiを用いたデータ転送ではない為、バッテリーの消費をとても抑えることができ助かると同時に、SDカードだけでデータ移動が済む為カメラ本体は収納しておけるので邪魔になりません。







-周辺機器のレビュー