周辺機器のレビュー

Logicool Combo Touch iPad Air4キーボードケースのレビュー!使ってみた感想は「トラックパッドと取り外せるキーボードがとても便利!」と感じた

兵庫県にお住いの25歳男性から2021年8月頃に購入されたLogicool Combo Touch iPad Air4キーボードケースを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

キーボードケースを欲しいと思ったきっかけ

iPad Airを購入し、タッチパネルだけではなく、キーボード入力も行いたいと思ったのがきっかけです。

必要条件として、トラックパッド付きの付け外しが可能なキーボードを探していたところ、iPad pro用のCOMBO TOUCHを知り、iPad Air用が発売されるのを待ちました。

似ているものでFolio Touchがありますが、発売を待ってでもマグネットで付け外しが可能なCOMBO TOUCH を購入したいと思いました。

キーボードケースの候補にあがっていたもの

Folio TouchはCOMBO TOUCHと同じロジクールから発売されており、とても性能的にも似ていたため、購入するか迷いましたが、一番ネックになったのがキーボードを取り外すことができず、キーボードを裏返して使うことになるため、選択から外れました。

Magic keyboardは、iPad air4と同じappleから発売されており、とても信頼できるものだとは思いますが、値段が1万円以上も変わること、裏返して使うことが出来ない、太ももの上において使うことが困難等を考慮した結果、選択から外れました。

Logicool Combo Touch iPad Air4

Logicool Folio Touch Keyboard Case with Trackpad for iPad Air

Apple Magic keyboard

Logicool Combo Touch iPad Air4キーボードケースに決めた理由

Logicool Combo Touch iPad Air4キーボードケースのキーボード

自分が求めていた有名メーカーの製品で、トラックパッド一体型の取り外しできるキーボードであったことです。

タッチパネルとして使用したいときはキーボードを取り外して使えることや、マグネットで接続できることなどが購入の決め手になりました。

また、使わないときはキーボードがそのまま画面を保護してくれるので、そんな便利なところも気に入りました。

Logicool Combo Touch iPad Air4キーボードケースのスペック

Logicool Combo Touch iPad Air4キーボードケースのスペック

スペック

  • 対応デバイス:Combo Touch(iPad 第7世代、第8世代、第9世代)/ iPad(第9世代) / iPad(第8世代) / モデル: A2270, A2428, A2429, A2430 / iPad(第7世代)モデル: A2197, A2200, A2198
  • 本体サイズ:Combo Touch(iPad 第7世代、第8世代、第9世代)高さ: 195mm 幅: 257mm 奥行き: 22.55mm
  • 重量:610g
  • モード:4種類のモード:タイピング、表示、スケッチ、リーディング
  • キーボードのタイプ:取り外し可能なキーボード
  • バックライト付きキー:対応
  • 表示角度:タイピングモード: 60° / スケッチモード: 20°
  • 電源および接続性:Smart Connector経由でiPadによる電力供給
  • ケース:Apple Pencil(第1世代)の収納スペース / 前面と背面の保護 / すべてのポートにアクセス:カメラ / ライトニング
  • キーボード:5 レベルの調整可能なバックライト / 完全な iOS ショートカットキー列 / Combo Touch(iPad 第7世代、第8世代、第9世代) / 18mm キーピッチ / 1mmキーストローク
  • 公式サイト:https://www.logicool.co.jp/ja-jp/products/ipad-keyboards/combo-touch.920-009622.html

私は新品で購入しましたので、価格は22,770円でした。

Logicool Combo Touch iPad Air4キーボードケースを実際に使ってみた

Logicool Combo Touch iPad Air4キーボードケースのキーボードを取り外したところ

キーボードとiPad Air4の接続もとてもスムーズで、今のところ不具合や不便さは全く感じず、ノンストレスです。

また、キーボードの打ち込む感覚もとても良く、固すぎず柔らかすぎず、ちょうどいい打ち込み感です。

マグネットで気軽に接続、切断をできる点はとても便利で、使いたいときにサッと使えます。

キーボードですが、iPad Air4本体もカバーしてくれるため、家でも外出先でも自由に使用することができます。

使ってみて気に入っているところ

キーボードがiPad Air4本体と一体化し、いつでもどこでも気軽にタイピングができる点や、マグネットで気軽に付け外しができるところがとても気に入っています。

太ももの上や机で使用しても、重さもそこまでないため、疲労感も少ないです。

折り畳んだときは画面の保護もしてくれるので、外出先でも活躍しています。

キーボードにバックライトも付いているため、暗いところでのタイピングも難なく行えます。

こんな方にはおすすめしたい

  • iPadでドンドンタイピングをしたい人
  • iPadでトラックパッド付きのキーボードが欲しい人
  • iPadでバックライト付きのキーボードが欲しい人
  • iPadで本体と一体化できる様なキーボードが欲しい人
  • iPadで付け外しが可能なキーボードが欲しい人

使ってみて気に入らなかったところ

自分が良く使っているパソコンとキーボードの配列が少しだけ異なるので、自分の意図しているキーと違うキーを入力してしまうことがあります。

また、便利なためあっても良いとは思うのですが、キーボードに本体のロックボタンキーがあり、ミスタイプをしてそこを触ってしまうと、本体の電源が切れてしまうことがあるため、ロックボタンキーはなくても良かったのではと思います。

また、指紋認証を行いにくくなったので、指紋認証の機能は使わなくなりました。

こんな方にはおすすめしない

  • 安いキーボードが欲しい人
  • トラックパッドを使わない人
  • 暗いところでキーボードを使わない人
  • iPadでタッチパネルだけ使う人
  • マックのキーボード配列に慣れていない人

Logicool Combo Touch iPad Air4キーボードケース購入後の生活

スマートフォンでフリック入力をしていましたが、キーボードが届いてからは主にiPad Air4を使用し、入力時間の削減が図れました。

また、パソコンで行っていた入力作業をキーボード付きのiPad Air4で作業をすることにより、パソコン立ち上げの時間削減となっています。

いつでもどこでも好きなときにキーボード入力ができるので、とても便利になりましたし、トラックパッドも良く使うため、調べものも楽に行えます。







-周辺機器のレビュー

© 2022 デジタルガジェットライフ