タブレットのレビュー

Lenovo YOGA Tab 3 10(ZA0H0095JP)タブレットのレビュー!使ってみた感想は「4つのスタイルで使える」と感じた

2020年1月21日

群馬県にお住いの50代男性から2019年6月頃に購入されたLenovo YOGA Tab 3 10(ZA0H0095JP)タブレットを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

タブレットを欲しいと思ったきっかけ

美容と健康に関する営業の仕事をしていますが、商品を進める上でカタログ以上に訴求力のある提案方法が欲しいと考えていました。

また、商品数も多いのでカタログを商品別に持ち歩くよりも、必要なものをより具体的に分かりやすく、使用例を含めて提案できる方法を探していました。

その時に思い付いたのがタブレットで、カタログをメーカーからダウンロードして蓄え、実際に商品を利用した方の写真と合わせて見てもらえれば商品の魅力が伝わりやすくなり、提案もしやすくなると思ったのがきっかけです。  

タブレットの候補にあがっていたもの

人気のあるAppleを購入してみたい気持ちと、レノボタブレットの上位機種にも興味がありました。Appleに関しては、メモを取ったり絵をかいたり、色々な使い方が出来ることが魅力的でした。

Yoga Tablet 3 Pro で迷ったのはプリジェクターの機能が搭載されている点であり、複数の人の前で提案したり発表したりする機会もあるので便利に使えるかもしれないと言う点でした。

しかし、拡張性や便利さよりも、今必要としている機能だけに絞って購入することに決めました。 

Lenovo YOGA Tab 3 10(ZA0H0095JP)

Lenovo Yoga Tablet 3 Pro プロジェクター内蔵

Apple iPad Air (10.5インチ)

Lenovo YOGA Tab 3 10(ZA0H0095JP)タブレットに決めた理由

Lenovo YOGA Tab 3 10(ZA0H0095JP)タブレットのディスプレイ
利用目的に対して安い価格で購入できたのが商品を選んだ最大の理由です。

タブレット以外にもパソコンも利用していますので、タブレットに特化した機能だけあればよいと判断しました。

iPad airは良い商品だと思いますが、絵を描いたり書類やスクリーンショットなどに注釈を加える必要性がないので選択肢から外しました。

また、Yoga Tablet 3 Proに内蔵されたプリジェクター機能が魅力的でしたが、それほど頻度が無いと判断して選択肢から外しました。最終的に欲しい機能だけを装備した機種を選んだことになります 

Lenovo YOGA Tab 3 10(ZA0H0095JP)タブレットのスペック

Lenovo YOGA Tab 3 10(ZA0H0095JP)タブレットのスペック

スペック

  • OS:Android 6.0
  • プロセッサー:Qualcomm APQ8009 クアッドコア プロセッサー
  • 動作周波数:1.30 GHz
  • 指紋センサー:なし
  • セキュリティー機能:なし
  • 主記憶(RAM)容量:2GB(LPDDR3)
  • フラッシュメモリ:16GB
  • ディスプレイサイズ(ドット):10.1型ワイドIPSパネル(1280x800ドット)、マルチタッチパネル(10点)、AnyPenテクノロジー対応
  • マルチタッチ:静電容量方式
  • インターフェース(ポート):Micro USBポート(OTG機能付き)、 マイクロフォン・イヤホン端子
  • ワイヤレス:802.11b/g/n ワイヤレスLAN (Wi-Fi準拠)
  • Bluetooth:Bluetooth 4.0
  • WWAN:なし
  • オーディオ機能:マイクロフォン・イヤホン端子×1、スピーカー×2(ステレオ)、ドルビーアトモス(ソフトウェア)
  • 内蔵カメラ:180度回転式カメラ(800万画素)、ジェスチャーコントロール機能対応
  • カード・スロット:microSDカードスロット
  • ボタン類:パワーボタン、ボリュームボタン、キックスタンドポップアウトボタン
  • センサー類:加速度センサー、光センサー、デジタルコンパス、GPS、GLONASS、BEIDOU
  • 本体寸法 (W×D×H)mm:253x185x(3.5-9.5)mm
  • 本体質量:約655g
  • バッテリー 種類:3セルリチウムイオンバッテリー(8400mAh)
  • バッテリー 使用時間:約18時間 ※利用状況により異なり
  • バッテリー 充電時間:約6.5時間(ACアダプター使用時)

私は価格は29,000円で購入することができました。

Lenovo YOGA Tab 3 10(ZA0H0095JP)タブレットを実際に使ってみた

Lenovo YOGA Tab 3 10(ZA0H0095JP)タブレットを立てかけている状態
主な使用としては、メーカーのサイトにある電子ブックのコンテンツを使い、タブレット上で商品の紹介や使い方の説明をしています。

特徴を持った商品は紙カタログを使って説明しても理解してもらえないことに苦労していましたが、商品紹介の動画を見せるようにしたところ、印象も強く与えることができるようになったので毎回利用しています。

また、使用しない時は壁掛けにして、ギャラリー機能を使って写真による商品説明や勉強会の様子を公開しています。 

使ってみて気に入っているところ

映画を見る、本を読む、調べものをするなど、利用シーンに応じて、ホールド、チルト、スタンド、ハングの4つのモードがありますので、より快適な使い方が出来ると思います。

気に入っている使い方はチルトで、少し斜めにして使えるのでペンタッチしたりするのにも姿勢を崩さずに行えます。

また、スタンド式にもなるので、手放しで動画も見られますし、何か作業しながらでも動画を見られるのが気に入っています。

更に、バッテリーの持が良く、完全に充電しておけば一日中使っても問題なく使える点が気に入っています。 

こんな方にはおすすめしたい

  • 資料や動画などを人に見せてプレゼンをしたい方
  • 作業しながら動画を見たい方 
  • 使わない時にはディスプレイにしたい方 
  • 手に持たずに入力作業をしたい方 
  • バッテリーを気にせずに一日中使いたい方 

使ってみて気に入らなかったところ

動画を見る、写真を見る、電子書籍を見ると言う使い方では、不満はありませんが、CPUの能力が低い為なのか、Chromeの読み込みなどは待たされることがしばしばあります。

また、Wi-Fiの感度が悪いのか室内でも繋がりにくいことがよくあり、少しストレスを感じます。

本体重量が重く、他のタブレットの倍くらいの重量があるので、手に持って使用する時は重くて大変です。

商品本体に思い金属が使われているのが原因かと思いますが、もう少し軽量化すべきと思います。 

こんな方にはおすすめしない

  • 常に手に持って使用しなければならない方
  • 高い処理性能を求めている方 
  • 音声付きのゲームを入れて楽しみたい方
  • 写真をプリントアウトしたい方 
  • 複数のアプリを同時に使いたい方 

Lenovo YOGA Tab 3 10(ZA0H0095JP)タブレット購入後の生活

必要な分のカタログを紙ベースで持ち歩いていましたが、電子化されたデータを見せられるので手間が省ける様になりました。

また、紙のカタログで説明するよりも訴求力があり、商品の特性や魅力が伝わりやすく、納得して購入してもらえるようになりました。

一番利点と感じるのは、パソコンと同様ではありますが、タブレット一つあれば何処でも商談が可能になり、色々用意する必要が省けることで、営業スタイル自体がとても身軽になった気がします。 







-タブレットのレビュー

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2020 All Rights Reserved.