映画のレビュー

【ネタバレ注意】映画『リミットレス』のレビュー|映画を見た感想は「ロバートデニーロが脇役として登場する点は大変豪華」

神奈川県にお住まいの37歳の男性(IT・通信系:ライティング)が2022年3月頃に「ツタヤディスカス」で視聴した映画『リミットレス』についてのレビューをご紹介します。

映画の感想や見どころをネタバレになる可能性を含めて解説していますので、映画を視聴する前に興味がある方や評価や口コミが気になる方は、こちらのレビューを参考にしてください。

この映画の見どころ

  • 荒れた生活を送っているクーパー
  • 謎の薬を受け取る
  • 薬の副作用

映画『リミットレス』を見ようと思ったきっかけ

昔、深夜に偶然リミットレスという映画を見たことがありましたが、内容を思い出せなかったため、改めて気になり、ツタヤディスカスで借りることにしました。

DVDを視聴してみると、非常にテンポの良いストーリーと、不気味さを孕んだサスペンスミステリーが繰り広げられ、大変面白く視聴しました。

薬物依存へと陥っていく主人公クーパーの描写からは、薬物依存者の背景を垣間見ることができ、その点も非常に興味深いと感じました。

映画『リミットレス』の内容

一度の離婚経験を持つクーパーは、小説家としての道を歩んでいます。

しかし、彼は創作のスランプに陥っていて、思うようなアイデアが出てきません。

さらに彼女にも振られ、落ち込んでいます。

ある日、クーパーは離婚した妻の弟と街で偶然出会います。

その際に仕事に対する悩みを打ち明けると、義弟からある薬を差し出されます。

それは脳活性化薬だとのこと。

初めは半信半疑だったクーパーですが、試しに薬を服用することにします。

すると彼の頭は驚くほど聡明になり、何事も論理的に考えられるようになり、小説の執筆も順調に進んでいきます。

しかし、翌朝目覚めるとその脳の活性化は突如として止まってしまったのです。

その代わり、彼が書き上げた小説がその置き土産となりました。

出版社に素晴らしい評価を受けるほどのその小説を提出すると、クーパーの名が一躍知られることとなります。

しかし、その後クーパーはこの薬へと依存し、次第に副作用に悩まされることとなるのです。

作品情報

  • ジャンル:サスペンス・ミステリー、社会派
  • 製作国:アメリカ
  • 製作年:2011年
  • 公開年月日:2011年10月1日
  • 上映時間:105分
  • 製作会社:Relativity Media、Virgin Produced、Rogue、Many Rivers Productions、Boy of the Year、Intermedia
  • 配給:プレシディオ

映画『リミットレス』の見どころをネタバレ覚悟で解説

映画『リミットレス』の見どころをネタバレ覚悟で解説します。

大きく分けて3つのポイントがあります。

この映画の見どころ

  • 荒れた生活を送るクーパー
  • 謎の薬を受け取る
  • 薬の副作用

荒れた生活を送るクーパー

この作品の主人公、エディ・クーパーは苦悩する小説家です。

物語の発想が全くできず、出版社から厳しく非難される場面が印象的です。

クーパーがなかなかうまく物事が進まず、苦しむ様子は非常に面白いです。

見た目が魅力的で、ダンディなオーラを纏っているクーパーに引き込まれます。

特に、タバコを吸う姿が非常に格好よく見えます。

謎の薬を受け取る

以前結婚していたクーパーですが、妻との関係が悪化し離婚。

そんなある日、妻の弟と偶然街で出会い、脳を活性化させる薬を受け取ります。

この薬を飲むとアイデアが次々と浮かび、物語が生まれる様子は非常に興味深いです。

薬を利用して書かれた小説は出版社から高評価を受けるほどで、その効果には驚かされます。

薬の副作用

主人公クーパーが薬の効果に夢中になり、それを求めて行動する姿は見どころの一つです。

しかし、薬の存在を狙う者たちが現れ、妻の弟が何者かによって命を絶たれる展開は驚きます。

そして、大量に手に入れた薬を毎日のように摂取し、副作用として吐き気を催す様子は見ていて心が痛みます。

それでもクーパーが止めずに薬を摂取し続ける大胆な様子からは目が離せません。

映画『リミットレス』の鑑賞後感想

久しぶりにこの作品を観て、再びその面白さを実感しました。

ロバートデニーロが脇役として登場する点は大変豪華です。

彼がゴッドファーザーで見せたような渋い演技をここでも披露しており、その観賞は大きな興奮を呼びます。

実際、彼のような大御所俳優が画面に映るだけで、物語は一層色みを増し、鮮明に見えます。

脳を活性化させる薬が実在すると仮定したこの作品の設定は、飲んでみたいと思わせるほど魅力的です。

自分がどのようなアイデアを思いつくのか、その可能性を試してみたいと感じます。

映画『リミットレス』で印象に残った名言

映画『リミットレス』を観て、特に印象に残った名言を紹介します。

「エディ・クーパー」のセリフ

「ただ、置き土産があった」

映画『リミットレス』の評価や口コミ

他の方が映画『リミットレス』を見てどう思われているのか、評価や口コミを調べてみました。

薬での覚醒物と言えば、ルーシーを思い出す。それよりも後に作られた作品なので、どうしてもルーシーを思い出してしまう。ただ、根本的に違うのが、主人公が男性と言う事です。覚醒し力を得た主人公は、思うがまま行動します。飲みまくりやりまくり!でも、途中でそれらが勿体ないと気が付く。もっと、力を違う事に使うべきと、、、ただ、彼女だけは忘れられなかったんだね^^ネタバレはしません。ルーシーは攻撃的なキャラだったけど、こっちは違う。感情を持ち維持できる。 そして、世界を牛耳ろうと動き出した訳です。ラストのタクシーとバンがぶつかるのは予測していたのか?それとも、単に目に入っただけの事を、出まかせで言ったのか?いや、違う。 多分、薬なんて既に切れてるんだと、、、でも、度重なる過剰な接種(ひょっとしたら、水で薄めて使ってるだけ?)が引き金で、自分で、覚醒のタイミングを操る事が出来るようになったのかも知れない。新たに開発している。と考えるよりも、コントロールできるようになったという方が、遥かにロマンですよね!ラストシーンのランチでのシーン。ウェイターと中国語?を織り交ぜトークするシーン。彼女が驚いた顔で観ている。と言う事は、やはりコントロールできているのかも知れないですね!兎に角、有意義な時間を過ごせました。ルーシーを観た人は、是非とも観てください!続きを読む
Amazonの口コミ

違法薬物の事を熟知している方が関わってますね?何て言いたくなる位に薬物の世界が上手に表現されている。某LUCYみたいに化け物化(ある種してるが)しないのがまた身近に感じられる設定になっている。ドラッグで金絡みのいざこざは付き物で、きな臭い人間関係が纏わり着く感じも良く描写されている。途中から若干グロ気味なって来るのが気持ち悪い所だが様々なトラブルを乗り越えて辿り着くエンディングは・・・そうきましたk!
Amazonの口コミ

導入として唐突なんですが。国民的漫画『ドラゴンボール』(今は『ワンピース』のほうが上なのか?)で、神龍が嘆いてましたね。せっかく何でも願いを叶えてやるといっても、世界平和を願うでもなく、世界の支配を願う奴とか、たくさん見てきたと。ろくでもないことしか願わないのが人間だと(大意)。ここでアナロジーなんですけどもね。あなたが脳味噌の潜在能力全てを引き出す夢の薬を偶然に手にするとします。さて、あなたは何を実現するでしょうか。主人公は色々悪事にも加担してしまうのだが、僕はあのラストに希望を見ましたね。スポンサーやパトロンに左右されないああいう存在。魔法のような薬を得ながら、そういう者になろうと決めたこと自体にポジティビティを感じました。元気になる(?)映画でした。続きを読む
Amazonの口コミ

映画のことは知らずドラマを数年前に見てしまった。今日この映画を発見して「確かドラマの・・・」と思って楽しく拝見しました。TVドラマの方にもブラッドリー・クーパーが少しだけ出演していて順番は逆だけど「なるほどねぇ」と思いましたwドラマも映画もアイデアが面白くて楽しめました。
Amazonの口コミ

展開は変に横道にそれたりせず、主人公の頭脳を巡る展開一本でしっかり通しており映画として楽しめるポイントが分かりやすくスッキリとした展開に仕上がっていると思います。脳を100%使うと言う描写も、過大なまでのSF描写にならず、知能の向上一本に絞ってきていて良いです。格闘シーンで魅せる強さも単に強くなったのでは無く、脳の活性化からくる判断力による物だと言う事が伝わってくるさり気無く工夫をこらされた描写でした。ある程度のリアリティ、説得力を感じます。通常の状態と覚醒した状態とで出る画面の違いもくど過ぎず、さり気ない新鮮な演出で大変光って見えますね。不満点は物語の主軸になる薬の描写の仕方でしょうか。比較的簡単に量産出来るかの様な描写がみられたのですが量産可能でここまでの効能を持っているとなると、この程度の影響力で済んでいる事が不思議でなりません。又、主人公以外の服薬人物の弱さが目立つ様に思いました。何故ここまでの知性を手にして こんなポカをやらかしているんだろうと疑問を感じざるを得ません。その不満は少し大きい物でしたが、SFサスペンス風のポップコーンムービーを見るなら是非!と言う 娯楽作品として十分オススメ出来る映画だと思いました。とても面白かったです。続きを読む
Amazonの口コミ

みなさんの映画を見た感想が面白いですね!

おわりに

私が映画『リミットレス』について、感想や見どころをネタバレ覚悟で解説してきました。

「面白い」と感じた方はぜひご覧ください。







動画配信サービスでもっと動画を楽しもう!

Netflix(ネットフリックス)

『Netflix』はハイクオリティのオリジナル作品が魅力のVODサービスです。

  • 質の高いオリジナルコンテンツが充実
  • 洋画・海外ドラマが豊富
  • レコメンド機能で観たい作品を探してくれる
  • オフライン再生ができる
  • ニーズに合わせた3つの料金プラン
月額料金(税込)ベーシック:990円
スタンダード:1,490円
プレミアム:1,980円
無料トライアルなし
配信数非公開
配信ジャンル洋画
邦画
国内ドラマ
海外ドラマ
アニメ
バラエティ
オリジナルコンテンツ
オフライン再生

Amazon Prime Video(アマゾン・プライム・ビデオ)

『Amazon Prime Video』は、コスパの良さが魅力のVODサービスです。

  • 月額500円のコスパの高さ
  • 初回登録時は30日間の無料トライアルあり
  • 話題性の高いオリジナルコンテンツ
  • 追加定額でPrime Videoチャンネルに加入できる
  • Amazonプライム会員特典が便利
月額料金(税込)月間プラン:550円
年間プラン:4,900円
無料トライアル30日間
配信数非公開
配信ジャンル洋画
邦画
国内ドラマ
海外ドラマ
アニメ
バラエティ
オリジナルコンテンツ
オフライン再生

U-NEXT(ユーネクスト)

『U-NEXT』は、配信作品数No.1のVODサービスです。

  • 見放題作品数が脅威の22万本以上
  • 初回登録時は31日間無料トライアルあり
  • 毎月1,200円分ポイント還元※月額プランのみ
  • 漫画や雑誌も読める
  • 4K画質で作品を楽しめる
月額料金(税込)月額プラン:2,189円
月額プラン1490:1,639円
無料トライアル31日間
配信数220,000万本以上
配信ジャンル洋画
邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
音楽
ドキュメンタリー
キッズ
オフライン再生

DAZN(ダゾーン)

『DAZN』は、1万試合以上のスポーツが見放題な特化型VODサービスです。

  • 130以上のスポーツコンテンツが見放題
  • 日本国内での独占配信が多数
  • 見逃し配信で視聴できる
  • 初回登録時は1ヶ月間の無料トライアルあり
  • オリジナルコンテンツが充実
月額料金(税込)通常プラン:1,925円
年間プラン:19,250円
無料トライアル1ヶ月間
配信数非公開
配信ジャンルスポーツ
スポーツドキュメンタリー
スポーツバラエティ
オフライン再生

Hulu(フールー)

『Hulu』は、映画・ドラマ・バラエティなど、ラインナップのバランスが良いVODサービスです。

  • 独占配信の海外ドラマが多数
  • 日本テレビ系のドラマ・バラエティが観れる
  • 初回登録後2週間の無料トライアルあり
  • リアルタイム視聴・見逃し視聴ができる
  • オフライン再生で通信制限を気にせず視聴
月額料金(税込)1,026円
無料トライアル14日間
配信数70,000本以上
配信ジャンル洋画
邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
音楽
スポーツ
オリジナルコンテンツ
オフライン再生

-映画のレビュー