映画のレビュー

【ネタバレ注意】映画『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』のレビュー!映画を見た感想は「紆余曲折を経てシンドバッドと出会い仲を深めていくのがすごく心温まる」

神奈川県にお住いの37歳男性(IT・通信系:自由業)が2022年4月頃に「Amazonプライムビデオ」で見た映画『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』のレビューをご紹介します。

映画を見た感想や見どころをネタバレ覚悟で解説しておりますので、映画を見る前に面白いのか知りたい方、評価や口コミが気になっている方は参考にしてください。

この映画の見どころ

  • オバQが出てくる
  • アラビアンナイトの世界が魅力的
  • シンドバッドの道具が面白い

映画『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』を見ようと思ったきっかけ

Amazonプライムビデオでこの作品が配信されていることを知って昔の思い出に浸るつもりで見ようと思いました。

大山版ドラえもんの作品が数多くアマプラで配信しているのですごく助かります。

昔のドラえもんの映画はやっぱり物語のテンポもさることながら、キャラクターの魅力も桁違いなので本当に楽しいですね。

子供時代に見た時よりも今見た時の方が新たな発見があったりするのですごく充実した時間を過ごすことができました。

映画『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』の内容

ある日、ドラえもんが絵本入り込み靴という道具を出してくれます。

そして、ドラえもんとのび太が昔の絵本をたくさん取り出してその絵本の世界に入って物語を体験していきます。

その後、しずかちゃんも誘いのび太と一緒に絵本の世界へ入るのですが、しずかちゃんだけが行方不明になってしまいます。

それを知らずにママが絵本を焼いてしまったことで、しずかちゃんを助け出せなくなってしまいます。

しかし、ドラえもんが現実世界と絵本の世界のつながりを調べてエジプトのバグダッドへ行けば何かわかるかもしれないとタイムマシンで旅立ちます。

エジプトの砂漠で聞き込みをしていくうちに、しずかちゃんの存在が明らかになり、砂漠を超えてシンドバッドと出会いしずかちゃんを救出します。

しかし、しずかちゃんを誘拐したアブジルが黄金の宮殿を乗っ取ってしまいシンドバッドと最後の戦いに臨みます。

映画『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』の作品情報

作品情報

  • 監督:芝山努
  • 脚本:藤子・F・不二雄
  • 原作:藤子・F・不二雄
  • キャスト/出演者:大山のぶ代 小原乃梨子 野村道子 たてかべ和也 肝付兼太 阪脩 松島みのり 加藤精三 加藤治
  • 主題歌:夢のゆくえ/白鳥英美子
  • 日本公開日:1991年3月9日
  • 上映時間:99分
  • 公式サイト:-

映画『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』のあらすじ

ドラえもんがいない間に、ひみつ道具「絵本入りこみぐつ」で絵本の世界に入り込んでいたのび太たち。だが、ジャイアンとスネ夫が本をバラバラにして順番を入れ替えてしまったうえ、靴を片方無くしたしずかがアラビアンナイトの世界に取り残されてしまう。

映画『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』の予告編

映画『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』の見どころをネタバレ覚悟で解説

私がネタバレ覚悟で解説したい映画『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』の見どころは大きく3つです。

この映画の見どころ

  • オバQが出てくる
  • アラビアンナイトの世界が魅力的
  • シンドバッドの道具が面白い

オバQが出てくる

この作品の中で何故かオバQがカメオ出演しています。

絵本入り込み靴で絵本の世界にのび太たちがいくのですが、お化けたちがたくさん出てくるところでオバQが紛れ込んでいます。

その時のオバQのセリフがまた面白いです。

藤子作品には度々このような遊び心があるシーンがたくさん出てくるので藤子マニアの皆さんだったら本当に楽しめるのではないでしょうか。

オバQの声もちゃんとシンエイアニメ版の声優と同じだったので、そこも魅力的な部分です。

アラビアンナイトの世界が魅力的

のび太たちが行方不明になってしまったしずかちゃんを助けるためにバグダッドの大地に降り立つのですが、そこでの雰囲気がとてもいいですね。

暑い気候の場所ですから街人たちがみんな上半身裸だったり市場の雰囲気が活気づいていて、すごく興味深いです。

カシムという悪役が出てくるのですが、その人物がドラえもんたちに近づいて四次元ポケットを盗んでしまうのですごく見逃せないシーンです。

ドラえもんの道具がないという状況はかなりの緊迫感があるので注目です。

シンドバッドの道具が面白い

砂漠で迷子になっていたドラえもんたちを助けてくれたのはあの有名な船乗りシンドバッドなのですが、彼が持っている色々な道具がとても魅力的に見えました。

瓶の中の魔神だったり、空飛ぶ絨毯だったり、ランプの魔神など有名なアイテムがたくさん出てくるのですごく興味深いです。

個人的には兵士の種というアイテムが好きですね。

種を蒔くことで簡単に兵士が召喚できるので見ていてすごく気持ちがいいです。

アブジルとの戦いもこの種が活躍してくれるので注目です。

映画『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』を見終わった感想

やっぱりドラビアンナイトはすごく余韻を感じることができる作品ですね。

しずかちゃんを助けるために、のび太たちが奮闘していくので見ていてとても冒険感を感じることができます。

紆余曲折を経てシンドバッドと出会い仲を深めていく感じも、すごく心温まりますね。

個人的にはエンディングテーマはドラえもんの映画史上1番の名曲なのではないでしょうか。

ラストのシンドバッドの笑顔からこの曲が流れる展開は本当に神がかっています。

映画『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』で印象に残った名言

私が映画『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』を見て特に印象に残った名言です。

「のび太」のセリフ

「船乗りシンドバッドも歳を取ったらおしまいだね」

映画『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』の評価や口コミ

他の方が映画『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』を見てどう思われているのか、評価や口コミを調べてみました。

おわりに

私が映画『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』を見た感想や見どころをネタバレ覚悟で解説してきましたが、「面白い」と感じられた方はぜひ見てください。







動画配信サービスでもっと動画を楽しもう!

Netflix(ネットフリックス)

『Netflix』はハイクオリティのオリジナル作品が魅力のVODサービスです。

  • 質の高いオリジナルコンテンツが充実
  • 洋画・海外ドラマが豊富
  • レコメンド機能で観たい作品を探してくれる
  • オフライン再生ができる
  • ニーズに合わせた3つの料金プラン
月額料金(税込)ベーシック:990円
スタンダード:1,490円
プレミアム:1,980円
無料トライアルなし
配信数非公開
配信ジャンル洋画
邦画
国内ドラマ
海外ドラマ
アニメ
バラエティ
オリジナルコンテンツ
オフライン再生

Amazon Prime Video(アマゾン・プライム・ビデオ)

『Amazon Prime Video』は、コスパの良さが魅力のVODサービスです。

  • 月額500円のコスパの高さ
  • 初回登録時は30日間の無料トライアルあり
  • 話題性の高いオリジナルコンテンツ
  • 追加定額でPrime Videoチャンネルに加入できる
  • Amazonプライム会員特典が便利
月額料金(税込)月間プラン:550円
年間プラン:4,900円
無料トライアル30日間
配信数非公開
配信ジャンル洋画
邦画
国内ドラマ
海外ドラマ
アニメ
バラエティ
オリジナルコンテンツ
オフライン再生

U-NEXT(ユーネクスト)

『U-NEXT』は、配信作品数No.1のVODサービスです。

  • 見放題作品数が脅威の22万本以上
  • 初回登録時は31日間無料トライアルあり
  • 毎月1,200円分ポイント還元※月額プランのみ
  • 漫画や雑誌も読める
  • 4K画質で作品を楽しめる
月額料金(税込)月額プラン:2,189円
月額プラン1490:1,639円
無料トライアル31日間
配信数220,000万本以上
配信ジャンル洋画
邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
音楽
ドキュメンタリー
キッズ
オフライン再生

DAZN(ダゾーン)

『DAZN』は、1万試合以上のスポーツが見放題な特化型VODサービスです。

  • 130以上のスポーツコンテンツが見放題
  • 日本国内での独占配信が多数
  • 見逃し配信で視聴できる
  • 初回登録時は1ヶ月間の無料トライアルあり
  • オリジナルコンテンツが充実
月額料金(税込)通常プラン:1,925円
年間プラン:19,250円
無料トライアル1ヶ月間
配信数非公開
配信ジャンルスポーツ
スポーツドキュメンタリー
スポーツバラエティ
オフライン再生

Hulu(フールー)

『Hulu』は、映画・ドラマ・バラエティなど、ラインナップのバランスが良いVODサービスです。

  • 独占配信の海外ドラマが多数
  • 日本テレビ系のドラマ・バラエティが観れる
  • 初回登録後2週間の無料トライアルあり
  • リアルタイム視聴・見逃し視聴ができる
  • オフライン再生で通信制限を気にせず視聴
月額料金(税込)1,026円
無料トライアル14日間
配信数70,000本以上
配信ジャンル洋画
邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
音楽
スポーツ
オリジナルコンテンツ
オフライン再生

-映画のレビュー