小説のレビュー

【ネタバレ注意】小説『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身II」』のレビュー!小説を見た感想は「チート無双より中世貴族生活を楽しみたい方におすすめ」

東京都にお住いの40歳男性(IT・通信系:システムエンジニア)が2022年5月頃に「Kindleストア」で読んだ小説『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身II」』のレビューをご紹介します。

小説を見た感想や読みどころをネタバレ覚悟で解説しておりますので、小説を見る前に面白いのか知りたい方、評価や口コミが気になっている方は参考にしてください。

この小説の読みどころ

  • ご都合主義ではないところ
  • 嫁取りディッター
  • 貴族院の奉納式

小説『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身II」』を読もうと思ったきっかけ

今回紹介する本好きの下剋上シリーズは小説家になろうというサイトに掲載されているweb版があるのですが、こちらは全て読んでいて、書籍として発売されたものもKindle版として購入しています。

このシリーズは気に入っているのですが、ものすごく長いので特に気に入っている部分をたまに読み返しています。

私としては貴族院に入ってからのお話が全体の中でも面白いと思っているので、この部分を読み返そうと思って、前巻に引き続きで読みました。

小説『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身II」』の内容

図書館司書を目指していた卒業間際の女子大学生が本棚が崩れたことで亡くなり、異世界へと転生します。

その異世界で5歳の貧しい家庭の少女として、体は弱いけれど本に対する執着により紙を作り出し商家に売るなど活躍していきます。

6歳で庶民は見習いとして仕事につく世界観なのですが、身体が弱くフルタイムでは働けないと思っていたところ、身体が弱いのは魔力を溜め込んでいてそれを放出すれば長生きできるということがわかります。

そして魔力を放出するために教会で見習いをすることになります。

この世界では貴族が魔力を持っており、その出来損ないが教会で魔力の奉納をする仕組みになっています。

庶民出身の主人公はそこで膨大な魔力とその知識によって活躍しますが、他領の貴族に目をつけられ誘拐されかけます。

それを解決するために大貴族の子供だったことにして、領主の義娘になることで解決することになり、本当の家族と別れることになります。

その後、貴族が教育を受ける貴族院で優秀な成績とたくんのハプニングを起こし、周りを巻き込んでいくというお話です。

小説『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身II」』の作品情報

作品情報

  • 出版社:TOブックス
  • 著者:香月美夜
  • 定価:本体1,200円+税
  • 発行年月:2020年06月10日
  • ページ数:395ページ
  • ISBN:978-4-8669-9001-9
  • 言語:日本語
  • 公式サイト:https://tobooks.shop-pro.jp/?pid=149064271

小説『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身II」』のあらすじ

雪降るアーレンスバッハ城。その執務室で、次期領主の婚約者フェルディナンドはローゼマインの手紙に眉を寄せていた。彼女は王族に呼び出されたばかりか、貴族院の図書館に秘められた地下書庫へ近付こうとしていたのだ。周囲を悩ます「頭の痛い報告書」の数々は貴族院三年生になっても変わらなかった!
不思議な現象を起こした上に、学生達の共同研究に王を巻き込む始末。王の御前だろうと取り繕いゼロ、聖女と持ち上げられるお茶会にはイライラ。我が道を全力で突っ走るローゼマインにレスティラウトから驚愕の提案が!
ライデンシャフトの槍を振りかざし、いざディッター勝負、再び開幕! (自身の将来を賭けた嫁取りディッター!?)

小説『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身II」』の読みどころをネタバレ覚悟で解説

私がネタバレ覚悟で解説したい小説『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身II」』の読みどころは大きく3つです。

この小説の読みどころ

  • ご都合主義ではないところ
  • 嫁取りディッター
  • 貴族院の奉納式

ご都合主義ではないところ

魔力が膨大で知識も豊富な主人公ローゼマインは領主の娘として、貴族院で他領の学生たちと競って自領の順位を上げる必要があります。

基本的に戦闘で物事を解決するというよりは、配下の貴族たち(学生たち)を動かして成績を上げさせたり、自領の特産物をお茶会などで広めたり、本を作る為の題材としてお話集めをさせたりします。

自分の成績は常にトップですが、それは当然のこととしてそれ以外の部分の底上げをするというのはチートみたいなものに頼らず、周りのサポートがありつつもリーダーシップを取って進めていきます。

嫁取りディッター

主人公ローゼマインは自領の領主の実の息子と婚約することが発表され、王の許可を得ています。

しかしローゼマインがもたらす様々な新しい技術や膨大な魔力などが明らかになるにつれて、他の領地が王に圧力をかけて婚約を取り消させて自領に嫁がせようとします。

その際に、武闘派な領地から嫁取りディッターを仕掛けられます。

サッカーコートのような形の競技場で、ゴールの部分に宝である嫁を配置して、それをお互いに奪い合い守るというルールです。

魔法を使うことで死者が出ることもあるような戦闘を行うので、戦闘シーンの少ない本作ですが、緊張感のある戦いが楽しめます。

貴族院の奉納式

庶民のころ教会で行っていた魔力の奉納が回数をこなすことで神の祝福が得られるのではないかという説の立証の為に、貴族院にある礼拝堂で他領の領主子弟や上級貴族、王族を招いて奉納式を行います。

領主子弟などは常に警備がついているのですが、奉納式の場には警備がつけられないということで悪意を持つものを弾く盾を使って安全であることを王族に納得させます。

そしてその盾を使うことで、王族や主人公ローゼマインに対する恨みを持つものが排除され、魔力の奉納式が行われます。

主人公視点だとたくさんの魔力が集まって良かったねという感じですが、他の参加者からすると教会で貴族未満のものたちが行っていた儀式が実は凄い意味があり、神の加護を得る近道であることを実感し、ローゼマインの重要性が周知されることになります。

小説『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身II」』を読み終わった感想

貴族院編に入るまでは割と地味というか、特に魔法を使うこともなく貴族の新たな生活に慣れるのに翻弄されているという感じなのですが、貴族院では大人がいないので立場上一番上である主人公ローゼマインの活躍がわかりやすく、また抑え役が少ないのでハプニングもたくさん増えていきます。

この巻では貴族院3年生の序盤が描かれているのですが、周りを巻き込むスケールが大きくなっていき、主人公の凄さを誇示する展開となっています。

その分嫁取りディッターをしかけられたりと弱い立場の領地ならではの苦労などもあり、次の展開も楽しみです。

小説『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身II」』で印象に残った名言

私が小説『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身II」』を読んで特に印象に残った名言です。

「ラオブルート」のセリフ

敵意のある者を判別できるとは初めて知ったが、あれにはどのような攻撃も効かぬ。

小説『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身II」』の評価や口コミ

他の方が小説『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身II」』を見てどう思われているのか、評価や口コミを調べてみました。

おわりに

私が小説『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身II」』を読んだ感想や読みどころをネタバレ覚悟で解説してきましたが、「面白い」と感じられた方はぜひ読んでください。

次に読みたいと思っている小説は『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身3」』です。

本作の続巻なので次に読むのが楽しみです。







-小説のレビュー