書籍のレビュー

【書評】『Dark Horse「好きなことだけで生きる人」が成功する時代』のレビュー!書籍を読んだ感想は「大切なのは小さなモチベーションと日々の充実感」

兵庫県にお住いの36歳男性(IT・通信系:営業関係)が2021年3月頃に読んだ『Dark Horse「好きなことだけで生きる人」が成功する時代』のレビューをご紹介します。

本書の概要や内容をわかりやすく要約してまとめておりますので、書籍を読んで学んだことや感想、評価や口コミが気になっている方は参考にしてください。

この本から学べるポイント

  • 現在は、会社に依存できない時代であるということ。
  • 一般的なルートは、考えなくて良いということ。
  • 日々の充実感が経路を指し示してくれるということ。

『Dark Horse「好きなことだけで生きる人」が成功する時代』を購入したきっかけ

1月末に以前勤めていた会社を退社しました。

時間もあり、今後の道が定まらず、将来に不安があったため、何か本でも読もうと本屋さんへ行きました。

以前、勝間和代さんがへドットローズの書いた平均思考は捨てなさいという本がとてもいいと言っており、実際読みましたがとてもいい視点を得ることができたと感じました。

そして、この著者をお薦めすると言っていて、今回も何かいい発見があるかもしれないと期待して、その機会に読もうと買いました。

『Dark Horse「好きなことだけで生きる人」が成功する時代』の概要

これからは変化の激しい時代になっていく中で、大切なことは、「少しのモチベーションと小さな充足感である」ということです。

長期目標を立てて努力するという姿勢ではなく、少しだけやってみたいと思ったことをやり、その間の充実感があればいいと考えること。

社会の一般的な常識に合わせることよりも、自分の興味に赴くままに経路が外れていると思われても充実感を感じるように進むことのほうが、たとえそれが一般的に考えられているレールでなかったとしても、大事だという内容でした。

『Dark Horse「好きなことだけで生きる人」が成功する時代』の基本情報

基本情報

  • 出版社:三笠書房
  • 著者:トッド・ローズ,オギ・オーガス
  • 定価:本体1,600円+税
  • 発行年月:2021年08月18日
  • ページ数:320ページ
  • ISBN:978-4-8379-5807-9
  • 言語:日本語
  • 公式サイト:https://www.mikasashobo.co.jp/c/books/?id=100580700

『Dark Horse「好きなことだけで生きる人」が成功する時代』の目次

目次

  • Introduction そんな古い「成功法則」をまだ信じているのか
  • 1 自分を縛る「見えないルール」に気づくこと―なぜ、「人生が順調」でも満たされないのか?
  • 2 「自分が好きなこと」を掘り起こせ―ルール1 大事なのは、「大きな情熱」よりも「小さなモチベーション」
  • 3 「自分に合った道」を選択する―ルール2 一般的なリスクは無視していい
  • 4 独自の「戦略」を考え出す―ルール3 一見風変わりな方法も自分には「正攻法」になる
  • 5 人生の目的地に到達するには、目的地を探してはいけない―ルール4 「目的地」のことは忘れて、充足感を今抱いているか自問する
  • 6 誰でも、何歳からでも「才能」は開花する!―「何かを達成できる機会」は無限にある!
  • 7 世界は確実に変わってきている!―「充足感」の追求こそ個人の使命
  • Conclusion 「個人の幸せ」を追求すれば、周りも幸せにできる

『Dark Horse「好きなことだけで生きる人」が成功する時代』のYouTube(ユーチューブ)

『Dark Horse「好きなことだけで生きる人」が成功する時代』についてYouTube(ユーチューブ)でわかりやすく解説してくれている動画がないか調べてみました。

「フェルミ漫画大学」チャンネルが細かく解説してくれているので、本を読む時間がない方はこちらのYouTube(ユーチューブ)動画をおすすめします。

『Dark Horse「好きなことだけで生きる人」が成功する時代』から学んだことの要約とまとめ

『Dark Horse「好きなことだけで生きる人」が成功する時代』から私が学んだポイントは大きく3つの内容です。

私が学んだこと

  • 現在は、会社に依存できない時代であるということ。
  • 一般的なルートは、考えなくて良いということ。
  • 日々の充実感が経路を指し示してくれるということ。

現在レールから外れてしまったと不安になる方にお薦めできる本です。

例えば何かになりたいと思った時、まずは学校へ行ったり資格を取ったりと考えるあるかもしれません。

そしてお金や時間の問題で諦めてしまうこともあるかと思います。

しかし、そのような標準的なルートではなく、自分の小さなモチベーションで動き、充実感を感じる方向であればそのまま迷わず、進んでいて大丈夫ということです。

これまで成功した人も、殆どが一般的な経路ではないということが書かれていました。

現在は、会社に依存できない時代であるということ。

現在は、昔のように会社が長く優しく守ってくれる時代ではないということのほうが、普通だということ学びました。

会社を辞めてしまい、自分が社会から外れたような感覚でしたが、そうではなく、そういう事が、頻繁に起こる時代なんだと考えることができるようになりました。

だから、これまで守ってくれると信じてきた社会に合わせようとするよりも、もう、自分自身の生き方を徹底して追求ししていくべきだと考え直すことができました。

一般的なルートは、考えなくて良いということ。

私はいつも何か目標を持つと、まずは学校に通ったり資格の勉強をすることを考えていました。

お金がかかったり、時間が必要になることもあって諦めることもありました。でも、そうするしかなれないと思っていました。それが普通だったし、そうしないと怖かったからです。

しかし、そのような普通と考えられてきた道も実は普通ではなく、辿る必要もなく、置かれた環境で力強く興味が指し示す方向に進むだけでいいということを学びました。

日々の充実感が経路を指し示してくれるということ。

自分だけの人生経路を進む時、大切になるのは日々の充実感を大切にしなければならないということを学びました。

充実感が、日々の苦しさや不足を補い、大変な時であっても人生を幸せにしてくれるということです。

確かにこれまでの人生で、充実感があることは長く続けてこれました。そして、負けても前向きに信じることができ、乗り越えるまで情報を集め、練習してこられたと思います。

充実感があれば苦しくても頑張ることができます。

『Dark Horse「好きなことだけで生きる人」が成功する時代』の感想

最初、好きなことをして生きる時代と書いていたので、またありがちな一時的な励ましかなと思っていましたが、読み終えた時にはかなり考え方が軽くなりました。

そして、何をするにしても余計なことを考えず軽く動けるようになったと思います。

不安を感じる時間、社会に合わせて自分を蔑んだりすることも意味がないと感じるようになりました。

誰が何と言おうと自分の人生、自分だけの経路を辿ろうと力強く決意することができました。

『Dark Horse「好きなことだけで生きる人」が成功する時代』の評価や口コミ

他の方が『Dark Horse「好きなことだけで生きる人」が成功する時代』を読んでどう思われているのか、評価や口コミを調べてみました。

みなさん本書を読んで学んだことが多いみたいですね!

おわりに

あまり色々な情報に流されなくなりました。

以前、一般的な常識、年齢に似合った生き方ができていないと感じて不安になって身うごきが取れなくなったこととかもありましたが、結構無視できるようになりました。

過去のことを批判されたり、生き方、将来のことをアドバイスされても、自分は自分で生きると考えることができるようになりました。

モチベーションも小さくていいということも大切です。長期目標はやめて、ちょっとやってみる中で探していこうと思います。

次に読みたいと思っている本は特にないのですが、やはり自由な生き方を推奨する本を読みたいと思います。

未だに、昭和的な考えを持つ上司や会社がありますが、生き方、年齢制限、ジェンダーなどの差別が少しでもなくなればいいなと思っています。







-書籍のレビュー