キーボードのレビュー

Logicool MK245nワイヤレスキーボード&マウスのレビュー!使ってみた感想は「logicoolなのに超コスパなキーボードセット」と感じた

奈良県にお住いの52歳男性から2021年1月頃に購入されたLogicool MK245nワイヤレスキーボード&マウスを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

ワイヤレスキーボード&マウスを欲しいと思ったきっかけ

新しくBTOパソコンを購入することになり、オプション選択のできるキーボードとマウスにしようかと思ったのですが、価格が高いわりにはデザインが良くなかったり、不必要な機能がたくさん付属したものしかありませんでした。

一方、こちらの製品は安価でちょっとオシャレでしかもlogicoolブランドだったのでいいなと思いました。

パソコンがそこそこ光るタイプの仕様にしたので、キーボードたちも光らせようかと思ったが、すぐに壊れそうな気がしてやめました。

ワイヤレスキーボード&マウスの候補にあがっていたもの

打感と色、10キーの有無などが少し考えた点です。

Ewinは薄型でスタイルも良く、MACに似た打感で色も艶のある白でおしゃれに感じたのですが、打感はしっかりとしたタイプが欲しかったため、却下となりました。

BUFFALOは有名ブランドという安心感もあり、もともと10キー付きのキーボードで慣れていたので、しっかりした打感含めて最終候補まで残ったのですが、やはり色とコンパクトな方がデスクがすっきりすると思い、候補から外れました。

Logicool MK245n

Ewin 日本語配列 キーボード ワイヤレス マウスセット

BUFFALO ワイヤレス 無線キーボード静音マウス セット

Logicool MK245nワイヤレスキーボード&マウスに決めた理由

Logicool MK245nワイヤレスキーボード&マウスのキーボード

しっかりした打感と白を基調にブルーをあしらったちょっとおしゃれなデザイン、コンパクトなのにキーひとつひとつの大きさが揃っていて、サイズ的にもぴったりでした。

マウスもセットで統一感もあり、さらにパソコン本体ともマッチしていて、まるでセットのように見えるので、購入して良かったです。

logicoolブランドという安心感もあり、また価格的にも安く、コスパには非常に優れた製品だと思います。

Logicool MK245nワイヤレスキーボード&マウスのスペック

Logicool MK245 ワイヤレスキーボード&マウスのスペック

スペック

  • キーボードサイズ:幅287.7×奥行138.7×高さ21.3mm
  • キーボード重量:344g(電池含む)
  • レシーバーサイズ:幅14.4×奥行18.7×高さ6.1mm
  • レシーバー重量:1.8g
  • キーレイアウト:83キー日本語レイアウト
  • キー構造/デザイン:メンブレン
  • キーピッチ:19mm
  • キーストローク:2.5mm
  • 押下圧:57g
  • 角度調節機能:有(8°)
  • 防滴仕様
  • 128-bitAES暗号化
  • マウス本体サイズ:横100.6×奥行60.6×高さ31.5mm
  • マウス重量:53g(電池を除く)
  • センサー方式:オプティカル
  • 解像度dpi:1000
  • 総ボタン数:3
  • スクロールホイール:有
  • チルト機能:無
  • 使用電池:単四形乾電池×2本(寿命12ヶ月)
  • 操作距離:10m
  • 無線方式:アドバンス2.4GHz
  • 対応OS:Windows Vista/WindowsXP/Windows 7/Windows 8/Windows 10/Chrome OS
  • 接続I/F:USB
  • 付属品:USBレシーバー/単四形乾電池×2(キーボード)/単四形乾電池×2(マウス)/取扱説明書/保証規定/保証書
  • 公式サイト:https://www.logicool.co.jp/ja-jp/products/combos/mk240-minimalist-keyboard-mouse.html

私は新品で購入しましたので、価格は2,273円でした。

Logicool MK245nワイヤレスキーボード&マウスを実際に使ってみた

Logicool MK245nワイヤレスキーボード&マウスのマウス

初めに想像していた通り、しっかりとした打感が気に入っており、レスポンスもいいので、使っていてなかなか疲れません。

キーの大きさや均等の取れた配置はとても打ちやすく、打ち間違いが各段に減りました。

しばらく使っていますが、打感にまったくへたりがなく、キー上の文字もかすれたり消えたりはしていないので、耐久性もあり、コスパ的にも良いと思います。

ただ色がアイボリーなので、手垢がつきやすく、汚れは目立ちます。

使ってみて気に入っているところ

しっかりした打感で、少々乱暴に打ち込んでもまったくへたりがない耐久性、コンパクトにギュッと凝縮されたキーの配列はとても使い勝手がいいです。

おかげで打ちミスは激減しましたし、スピードも速くなったと思います。

汚れが目立ちやすいものの、白を基調に青でアクセントが付いている点もいいと思います。

キーが光るものも候補に挙げていましたが、パソコンと合わせて考えると一体感があって、結果的にはこの色味でオシャレだと思ました。

こんな方にはおすすめしたい

  • コスパ重視の人
  • ブランドに安心感を求める人
  • しっかりとした打ち心地が好きな人
  • デスク周りをすっきりさせたい人
  • 余計な機能が不要な人

使ってみて気に入らなかったところ

キーボードのカラーは白を選んだため、汚れや埃が少し目立つので、頻繁に掃除をしないといけないところは難点です。

電源のON-OFF機能がないので、常に電源が入った状態で電池の切れが少し早いことも気になります。

電源のインジケーターランプがついていないので、電源の状態が可視化できないところや電池残量が分かりません。

マウスはクリックボタンが軽すぎて、すぐに誤クリックしてしまいます。

こんな方にはおすすめしない

  • 派手な感じが好きな人
  • 軽い打感を求める人
  • 10キーが独立しておいて欲しい人
  • 汚れが気になる人
  • 電池の交換が面倒な人

Logicool MK245nワイヤレスキーボード&マウス購入後の生活

今までは大きな有線キーボードを使っていたので、机の上がすっきりと片付くようになりました。

長時間使用することにストレスを感じないので、パソコンの前に座ることが多くなりました。

壊れにくいのですが余計に大切に扱うようになり、他の物に対しても大切に扱う癖がつきました。

別々の所から購入したものを組み合わせましたが、うまくマッチして部屋全体に統一感が出て見栄えもよくなり、モチベーションが上がるようになりました。







-キーボードのレビュー

© 2022 デジタルガジェットライフ