心理学関連の書籍のレビュー

【書評】『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』のレビュー!書籍を読んだ感想は「多様性と無知について知ることの重要性」

福岡県にお住いの31歳女性(フリーランス:クリエイティブ職)が2022年1月頃に読んだ『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』のレビューをご紹介します。

本書の概要や内容をわかりやすく要約してまとめておりますので、書籍を読んで学んだことや感想、評価や口コミが気になっている方は参考にしてください。

この本から学べるポイント

  • 無知であるということが生きづらくしてしまっている
  • 根本的な問題は万国共通
  • 多様性による価値観や社会問題

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』を購入したきっかけ

住まいの福岡から実家の鹿児島県に飛行機で移動する際に、暇つぶしにと思って飛行場の書店で購入しました。

当時は「貧困問題」について考えていることがあり、本の訳文を見ると貧困問題だけでなく、多様性や人種差別、政治問題についても記載があり、興味をもち購入しました。

また、書店の棚におすすめの本と大々的に並べていたのですぐに目につきましたが、ネットでのレビューもかなりの高評価であり、一度は読むべき本という記載に魅かれてすぐに購入しました。

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』の概要

イギリス在住の人種も貧富の差も混ぜ合わさった中学校に通う、息子と親子の様子を描いたストーリーです。

物語の中では、人種差別を大っぴらに出す同級生、制服や生理用品も購入ができないほど貧しい生活をしている同級生など、様々な政治的・経済的な問題が語られています。

イギリスで実際に起きている話ですが、日本でも起きていることや感じることがたくさんあり、生活している中で自分自身では言葉に表せない違和感を誰にもわかりやすく解説してくれる書籍です。

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』の基本情報

基本情報

  • 出版社:新潮社
  • 著者:ブレイディ みかこ
  • 定価:本体630円+税
  • 発行年月:2019年06月21日
  • ページ数:256ページ
  • ISBN:978-4-1035-2681-0
  • 言語:日本語
  • 公式サイト:https://www.shinchosha.co.jp/ywbg/ywbg1/

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』の目次

目次

  • 1 元底辺中学校への道
  • 2 「glee/グリー」みたいな新学期
  • 3 バッドでラップなクリスマス
  • 4 スクール・ポリティクス
  • 5 誰かの靴を履いてみること
  • 6 プールサイドのあちら側とこちら側
  • 7 ユニフォーム・ブギ
  • 8 クールなのかジャパン
  • 9 地雷だらけの多様性ワールド
  • 10 母ちゃんの国にて
  • 11 未来は君らの手の中
  • 12 フォスター・チルドレンズ・ストーリー
  • 13 いじめと皆勤賞のはざま
  • 14 アイデンティティ熱のゆくえ
  • 15 存在の耐えられない格差
  • 16 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとグリーン

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』のYouTube(ユーチューブ)

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』についてYouTube(ユーチューブ)でわかりやすく解説してくれている動画がないか調べてみました。

「YouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY」の「中田敦彦(通称:あっちゃん)」さんが細かく解説してくれているので、本を読む時間がない方はこちらのYouTube(ユーチューブ)動画をおすすめします。

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』から学んだことの要約とまとめ

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』から私が学んだポイントは大きく3つの内容です。

私が学んだこと

  • 無知であるということが生きづらくしてしまっている
  • 根本的な問題は万国共通
  • 多様性による価値観や社会問題

エッセイならではのノンフィクションの面白さがあり、日々生活している中でちょっとした違和感に感じたこと、自身が普通だと思っていた生活を一遍してくれる書籍です。

難しい言葉を使う場面が少ないので子供から大人まで読みやすく、日本の教育と海外の教育を見比べることもできて新しい発見ができます。

格差社会・多様性社会の中、子どもや大人の隔たりなく考えさせられることも多いため、子供が生まれたら子供と一緒に読みたい本です。

無知であるということが生きづらくしてしまっている

イギリスの学校の話なのですが、日本社会が透けて見えるとように思える部分もありました。

「貧困問題」や「複雑化する差別」、「無知」ゆえのわだかまりは、どのような社会であっても逃れられないものかもしれない問題なのだと感じました。

だからこそ、自身の容姿や家庭問題を差別されることがあっても、けっして卑下するのではなく、自分を信じて信念をつらぬくことの大事さが学べました。

根本的な問題は万国共通

各国にはそれぞれの価値観や社会問題があり、人種差別もありますが、根本的な考え方や捉え方は一緒であり、知らず知らず自分の中に凝り固まった考えがあるんだなと感じました。

「多様性はうんざりするほど大変だしめんどくさいけど、無知を減らすからいいことなんだと母ちゃんは思う」の言葉は万国共通で、大人から子供まで何か感じる一言だと思います。

なかなか興味深い内容で印象に残りました。

多様性による価値観や社会問題

貧困層や富裕層、人種もごちゃまぜの元底辺中学校はまるで世界縮図のような学校でした。

各国ごとにたくさんの価値観があり、人種差別問題・貧困問題・格差問題など、様々な社会問題に直面する人たちが描かれていますが、どのような国でも同じ問題が必ずと言っていいほど起こりうると知らされました。

今まで気づかなかったことですが、多様性を認め合うのは本当に難しい問題でも「無くせないから諦める」のでなく、「努力することで克服できる」ことを学べたのが大きいです。

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』の感想

理解できること、できないこと、日本を出てみると日本では発見できなかったことなどを教えてくれました。

無知であるがために起こした社会問題や人種差別、貧困問題など、日本でも同じようなことが起こっており、自分自身が無知であることが将来生まれてくる子供にも影響することか、どれだけ重要なことなのかについて考えさせられました。

この本に出合えたおかげで「もっといろんな事柄の勉強しよう!もっと世界について知ろう!」と感じました。

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』の評価や口コミ

他の方が『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』を読んでどう思われているのか、評価や口コミを調べてみました。

みなさん本書を読んで学んだことが多いみたいですね!

おわりに

この本に出合えたおかげで、自身の生活や家庭問題を客観的にとられることができました。

そのことがきっかけで、今までスキルもつかない仕事をしていたのですが、これからは勤続年数や真面目さなど関係なく、スキルがものをいう時代だなと感じております。

そのため、将来を見据えてどういったスキルが必要なのかだったり、今まで興味がなかった政治関係や資産運用など勉強する機会が増え、これからも学び続けたいとおもいます。

次に読みたいと思っている本は『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2』です。

同じ作者の続編である二作目が出ているので、最近の政治事情等も学びたいです。







-心理学関連の書籍のレビュー

© 2022 デジタルガジェットライフ